fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河ドラマ分析 戦国と幕末

大河ドラマ分析 戦国と幕末

再来年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の制作が発表されましたが、来年の大河『真田丸』に続いて戦国時代が舞台となります。実は大河ドラマの歴史の中で、同じ時代が続いたことは何度かあります。ちょっとここでピックアップしてみます。

戦国時代-江戸時代
1.『天と地と』(1969)と『樅の木は残った』(1970)と『春の坂道』(1971)
2.『独眼竜政宗』(1987)と『武田信玄』(1988)と『春日局』(1989)
3.『信長 KING OF ZIPANG』(1992)と『琉球の風』(1993)
4..『秀吉』(1996)と『毛利元就』(1997)
4.『利家とまつ』(2002)と『武蔵 MUSASHI』(2003)
5.『功名が辻』(2006)と『風林火山』(2007)
そして、大河ドラマが現代劇の時期の新大型時代劇も
『宮本武蔵』(1984)と『真田太平記』(1985)はほぼ同時代です。

幕末
『三姉妹』(1967)と『竜馬がゆく』(1968)

無論、舞台設定が異なると同時代でもかなり違います。また戦国時代から江戸時代というのは時期が長く、本来は
*戦国前期(毛利元就や武田信玄、風林火山)
*戦国後期(織田、豊臣、徳川中心に関ヶ原前後まで)
*戦国(安土桃山)→江戸初期(大坂夏の陣の頃まで)

と分けるべきかもしれません。また、宮本武蔵が主人公の場合ですが、この人物はいわゆる戦国武将ではないため、別カテゴリーをあるいは作るべきかとも思いますので、この区分はあくまでも目安とお考えください。
そして実は、この戦国時代が続く場合はある現象が起こりやすくなります。それは何かといいますと、

戦国時代が2年に渡って続くと、その次には幕末物が来る確率が高い


ちなみに『春日局』の翌年は幕末の薩摩が舞台の『飛ぶが如く』、『毛利元就』の翌年は『徳川慶喜』、『武蔵 MUSASHI』の翌年は『新選組!』、そして『風林火山』の翌年は『篤姫』です。それ以外に単発であっても以下のようなケースがあります。
*『国盗り物語』(1973)→『勝海舟』(1974)
*『天地人』(2009)→『龍馬伝』(2010)
*『軍師官兵衛』(2014)→『花燃ゆ』(2015)
この逆に、幕末物の翌年に戦国物が来るのは
*『花神』(1977)→『黄金の日日』(1978)
*『獅子の時代』(1980)→『おんな太閤記』(1981)
*『龍馬伝』(2010)→『江 姫たちの戦国』(2011)
*『八重の桜』(2013)→『軍師官兵衛』(2014)
無論『花燃ゆ』(2015)→『真田丸』(2016)もこれに該当します。

この方式を当てはめてみると、2018年の大河は幕末である可能性が高いと思われます。
理由はいくつか考えられます。
*明治維新から150年という節目の年
*ここ何年かの方式に従えば、男性が主人公の年なので群像劇が作りやすい
*『花燃ゆ』が今一つな感があるのでその雪辱

こういったところでしょう。
しかし、乱世であること、著名な人物が多いということもありますが、戦国と幕末はやはり双璧をなしているといえます。その一方で、戦国時代が100年以上に渡って続き、その間様々な世代の武将が登場したのに比べると、幕末はペリー来航前後から明治初年を含めても20年ほどで、一世代か二世代ほどで完結するのが特徴といえます。幕末物がやや戦国物に押され気味なのは、こういう、タイムスパンの長短も関係しているといえるでしょう。
しかし今度幕末物を作るのであれば、長州五傑(長州ファイブ)か薩摩をベースに、本格的な志士たちの群像劇を作ってほしいものです。

画像




スポンサーサイト



[ 2015/08/25 23:51 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud