fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『黄金の日日』に於ける本能寺の変

『黄金の日日』に於ける本能寺の変

10月3日放送の『黄金の日日』第27回、サブタイトルは「信長死す」でした。本能寺関係がどのくらい描かれるかと思っていたら、途中で助左の船が、密書を毛利方に送るための船と接触したこともあり、結構描かれていました。

ひょんなことから密書を渡すことになった助左たち、内容を確認したところ、明智光秀が信長父子を「誅した」と書かれています。これは一大事です。しかしこの中での本能寺の変は、信長が明智方を相手にしているところで、既に背後が炎上しており、雰囲気としては回想シーンというか、助左の頭の中で再現された本能寺の変といったイメージです。

またこのことを知らされた秀吉が号泣します。これは『国盗り物語』を思わせるものがあります。しかしこの時、官兵衛と二人きりならまだしも、石田左吉(三成)と小西行長がやって来ます。他言無用と秀吉は言っているのですが、あまり多くの人数に知らせると、どこからか洩れてしまうのではないでしょうか。秀吉も、信長のこと、特に金ケ崎の退き口のことを回想しますが、寧ろこの時は、この次の段取りを考えている方がふさわしいのではないかと。

そして伊賀越え。今までの大河での伊賀越えで、一番奇妙だったのは『江~姫たちの戦国~』であり、一番笑えたのは『真田丸』です。あの『真田丸』の家康と本多忠勝は、実際何とも言えない雰囲気がありました。服部半蔵も何だかいい加減でしたし、ああいうところが三谷さん的ではあるのですが、私としてはこのシーンは割と好きでした。ところでこの『黄金の日日』では、家康の許に忍びの梢が知らせを持って到着し、その後梢と夫の今井兼久は家康と別れるものの、梢はその直後に落命することになります。

結局この当時の習いとして、書状を渡した者はすべて処分され、例の書状を渡した助左の仲間の文次も、恐らく同じ運命を辿ったのでしょうが、三成は「敵方の鉄砲が当たった」と言いつくろったようです。しかし最後の方で、陸上と船と、姫路まで駆け比べなどと助左が三成に言いますが、いや、中国大返しなんてそんな生易しいものではないと思うのですが。しかしこの時三成を演じているのが近藤正臣さんなので、どう見ても『国盗り物語』の明智光秀が、そのまま出て来ているように見えてしまいますね。

飲み物-ワインとワイングラス

スポンサーサイト



[ 2021/10/04 00:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud