fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  漫画・アニメ >  『はたらく細胞』本編第5巻の内容について-2

『はたらく細胞』本編第5巻の内容について-2

第5巻の続き、がん細胞がよみがえって免疫細胞たちの前に現れます。それから先日の投稿分で一部手直しをしています。

<悪玉菌>
一般細胞は1146がNK細胞と話をした後、何か空気が変わっているのに気づいた。そして3人は大腸へ向かう。大腸では悪玉菌から出る有毒ガスが噴き出していた。そして白血球は一般細胞に、体内の3種類の菌、すなわち善玉菌、悪玉菌、日和見菌について教える。ここに乳酸菌の仲間もいるのかと一般細胞。1146は気づかれないてはいけないとと諭すが、一般細胞が黒の乳酸菌を連れているのは、NK細胞にはバレバレだった。

そこにはキラーT細胞もいて、一度がん細胞との実戦経験がある班長は、メモリーT細胞となっていた。しかしそんな彼らに、NK細胞はまたもちょっかいを出す。しかもメモリーTの班長は、一般細胞が以前ライノウイルスと共に、自分たちをおちょくった細胞だと見抜き、一般細胞、そして彼と仲良くしている1146にホノボノしやがってと詰め寄る。一般細胞は、がん細胞がいることを知って驚く。1146もがん細胞退治のため、ここで彼と別れることになった。一般細胞は1146が、なぜ乳酸菌を殺さずにいたか尋ねるが、自分はいつも殺してばかりだからだと1146は答える。

一方多くの菌がひしめく大腸では、杯細胞と腸管上皮細胞が粘膜バリアを形成しようとしていた。しかも腸には悪玉菌が侵入し、乳酸菌も危ないと思った一般細胞はその場から逃げ出す。そしてNK細胞と、部下と一緒でなく1人前線に向かおうとするメモリーT細胞は、相変わらず漫才のようなどつき合いを繰り返していた。しかしその3人は道をふさがれ、触手のようなものが至るところから伸びて来た。皆はそれががん細胞であることを見抜き、本体に迫ろうとするが、それはダミーだった。本物のがん細胞は、地鳴りを立て、辺りの物を破壊しながら現れた。

<がん細胞Ⅱ(前編)>
がん細胞はこの3人と再会したことに、皮肉な笑みを漏らしていた。そして強力な攻撃を浴びせるが、NK細胞が立ち向かう。なぜ生き返って来たの、今度は勝てると思ったのと問うNK細胞にがん細胞は、やるべきことが見つかったと答える。そして自らの組織片を辺りにばらまき、免疫細胞たちを挑発するが、応戦しようとしたメモリーT細胞の前に、制御性T細胞が自己を攻撃するなと立ちふさがる。背後を突かれそうになったメモリーT細胞を1146がかばおうとして、逆にがん細胞から一撃を食らってしまう。

黒の乳酸菌を抱えて逃げていた一般細胞は、悪玉菌に囲まれてしまう。しかも彼らの毒素攻撃で一般細胞は動けなくなり、乳酸菌が立ち向かおうとするが、如何せんどうすることもできなかった。一般細胞は乳酸菌を逃がすことに決め、なおも自分に近づいてくる乳酸菌を遠くへ放り投げる。この乳酸菌とだけ、こんな悲しい別れになったことを彼は嘆き、自分のコピー元となった細胞も、最後はこうだったのかだろうかと想像する。

がん細胞は手傷を負った白血球を閉じ込め、また制御性T細胞は、免疫細胞を近づけないようにしていた。がん細胞は、なぜ乳酸菌を助けたのかと聞き、1146は、この身体に有益だからと答える。しかしがん細胞は、必要な命と不要な命はなぜ決められているのかと言い、身体の命と細胞の命、どっちが大切かと1146に尋ねる。この身体が死ぬと言いうのは、細胞も死ぬことだと1146は答えるもの、ならば自由になってから死にたいとがん細胞は言い、さらに強力な攻撃を繰り出してくる。

<がん細胞Ⅱ(後編)>
囚われの身の1146にがん細胞は、誰かを殺すしかできない細胞に生まれて来てしまった、そんなところが好きだよと語りかける。NK細胞やメモリーT細胞も応戦するが、制御性T細胞にことごとく跳ね返され、メモリーT細胞に至っては、戦略が苦手で勝利を糧にできず、敗北も踏み台にできないとまで言われてしまう。しかしそこへ1146の仲間の白血球たちがやってくる。一般細胞を取り押さえた悪玉菌たちはあわてふためき、日和見菌を味方につけようとする。しかしそこへ現れたのは善玉菌であり、日和見菌は善玉菌の味方になろうとしていた。一般細胞は、活性化した乳酸菌を見て感激する。

一方がん細胞は、白血球は自分と同じ矛盾を抱えているから好きだが、NKとメモリーT細胞は嫌いだ、メモリーT細胞は自分をバグリ野郎だなどと言ったと口にしながら、彼らに挑んでくる。制御性T細胞の味方を得て図に乗るがん細胞に、メモリーTはパーフォリン・キャノン・パンチを使うことにする。これは胸腺学校時代に教わったもので、T細胞の身体を守る意識が高まった時にのみ出る奥義だった。そしてこれによって、がん細胞の服の「細胞」か「細包」になり、制御性T細胞は、自分が守る相手ではないと頭を下げる。

がん細胞はますます凶暴化するが、NK細胞ががん細胞を弱らせ、さらに腸内に善玉菌が増えたことで、がん細胞もそれ以上の力を発揮できなくなり、最終的に1146がとどめを刺す。がん細胞は、大嫌いな奴より友達に殺される方がいいと言って息絶えるが、一般細胞と1146は、再会した例の黒い乳酸菌が腸壁を直すのを見て驚き、腸内フローラの様子をしばし楽しんだ後元へ戻る。戻った後赤血球が、何度行っても不在の細胞がいる、事件に巻きこまれたのではと白血球に話す。その細胞とは例の一般細胞で、不在通知ばかりが何枚も入っており、その日の栄養分の配達は期待できなさそうだった。


この第5巻、乳酸菌と腸内、そしてがん細胞の再びの襲撃を絡めようとしたのでしょう。で、悪玉菌の回まではよかったと思います。しかしその後の展開が、最初にがん細胞が出現した時と同じようになってしまっています。

あと、先日煩雑と書きましたが、特にこのがん細胞回は細部まで色々描き込まれているせいで、肝心のがん細胞との戦いの場面が、ちょっとぼやけてしまったように感じられます。それと「細胞」が「細包」になったせいで、制御性T細胞ががん細胞を擁護しなくなったというのは、どうも苦しくないでしょうか。

一応疑問に感じた点として
そもそもこのレベルのがんが、免疫細胞と腸内環境の改善だけで死滅するのか
パーフォリンは果たして「奥義」なのか
などといった点が挙げられますが、他にもこの本編への疑問として、
1146を善人としたがる設定
がんの描写はやはりBLACKが面白い
インフルエンザウイルス退治にキラーT細胞は出て来ないのか
などといった点も挙げられそうなので、改めてそれについて投稿しようと思います。

元々は細胞、特に免疫細胞とは何であるのかを描くシリーズだったはずですし、また、第4巻まではそこそこ面白かったのですが、多少無理が出て来てやしないかとも思います。

それからキラーT細胞の班長、もといメモリーT細胞がまず1人で前線に向かうことになり、
「次会う時にお互い生きてる保証はねーが…」
などと言うのは、がん細胞相手ということもありますが、最初の方では見られなかったものであり、この辺りもまた多少変化したかなと思われます。しかしこの班長と制御性T細胞、『はたらく細胞フレンド』でも、ここまでシリアスではないにせよ似たような関係ではありますね。


飲み物-ローズヒップティー

スポンサーサイト



[ 2021/10/01 00:15 ] 漫画・アニメ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud