fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  『はたらく細胞BLACK』第5巻-2

『はたらく細胞BLACK』第5巻-2

『はたらく細胞BLACK』第5巻の続きです。

<遂行、絶食、失職。>
白血球は細菌退治のため、AA2153に退くように言う。炎症がおさまった膵臓から、膵液が流れ出るのを待つしかない状況だったが、その後なぜか膵液は少なくなって行った。これは絶食によるものだった。これで膵炎は収まりつつあったものの、栄養素が届かなくなり、細胞たちの間に動揺が広がる。また白血球たちは撤退を命じられるものの、細菌撃退のため膵臓にとどまることを選んだ。

AA2153は、膵臓の腺房細胞が気になったが、膵臓は大炎上して近寄れない有様であった。さらに絶食で小腸には何の栄養素も届かなかったが、DA4901は、外部から何とか援助が来ると見ていた。AA2153は、その言葉に引っ掛かるものがあったが、その時空からパラシュートで栄養素が落ちて来た(点滴)。DA4901はさばさばした顔だったが、AA2153はこのような中で、孤軍奮闘している白血球を思っていた。

皮肉にも栄養状態に関しては、暴飲暴食をしていた頃よりも今の方がよかった。その後小腸の上皮細胞に酸素を届けたAA2153たちだが、上皮細胞たちは仕事がない悲しみと、働かなくても何の支障もないという事実に打ちひしがれていた。胃も大腸も事情は同じだった。また元に戻るから、休みを貰ったと思えばいいとのAA2153の言葉も空しかった。しかしその後、白血球たちの奮戦もあって膵炎はおさまり、彼は仕事を終えた血だらけの白血球たちと出会う。

<歯周病、牙城、誤算。>
白血球たちは細菌駆除を祝って乾杯していた。そこへAA2153たちが栄養素を運び込み、礼を述べて、細菌退治のおかげで回復の具合もいいことを伝える。身体の意志だけでなく、細胞たちにできることもあるとのAA2153の言葉に、白血球1196はうなずき、お互いに頑張ろうと言う。その後彼らは歯髄に酸素を運ぶが、ニコチンのせいもあって血管が収縮しており、しかも足元がべたついていた。しかも再び喫煙が始まってしまう。

酸素を持って来た彼らは、歯髄細胞から、歯が歯周病で倒壊の危機にあると言われる。不衛生により歯周ポケットに細菌が繁殖したのみならず、歯茎を修復すべき繊維芽細胞の働きが、ニコチンで阻害されていることもまた原因だった。望みを捨てずに、白血球が何とかしてくれると彼は言うが、DA4901は、歯周ポケットは細菌だらけで、白血球も無事ではすまない、インスリンさえ外から補充されるように、この体はもう破綻している、自分が生き抜くことだけを考えろと声を張り上げる。

その白血球たちは歯周ポケットの中に飛び込むが、プラークの中で細菌が繁殖し、その数は10億匹にも達していた。しかもプラークのせいで攻撃が不可能となり、最早白血球は細菌に翻弄され、細胞レベルでは彼らをどうすることもできなかった。AA2153が絶望的な思いにかられた時、何かの音がして、回転する物体がプラークを落としていた。電動歯ブラシである。細菌はこれで駆除されたが、1196は意識不明となっていた。

<睡眠薬、アルコール、鎮魂歌。>
1196は意識不明の状態が続いていた。DA4901から、もうこの身体に全てを委ねるしかない、何が起こっても不思議ではないと言われ、AA2153はこれ以上何が起きると言うんだと声を荒げる。その時歌声が響いて来た。副交感神経の子守歌(GABA)で、交感神経のドーパミンとは対極にある存在だった。この身体はベンゾジアゼビンを摂るようになっており、熟睡できるようになってはいたが、眠るのも薬頼みかとAA2153は残念に思っていた。

しかしその翌日、細胞たちはリラックスしていると言うよりはだらけており、加えてアルコールの雨が降り、ベンゾジアゼビンもかなり多量に取り込まれた。子守歌は続いていたが状況は明らかに異常であり、GABAの効き過ぎであちこちで細胞たちが眠ってしまう。オーバードーズだった。DA4901は、自分の意志でこうしたんだ、最初からこの身体は希望なんてなかったんだと言うが、AA2153は肝臓へ行って、ベンゾジアゼビンを分解して貰うように頼む。しかしそこはアルコールの分解で手いっぱいだった。

この薬を運ぶためにこの仕事に就いたんじゃないと涙を流すAA2153だが、DA4901たちは「最後の仕事」に向かおうとし、子守歌は鎮魂歌になろうとしていた。AA2153は、前の体で先輩から、酸素を運ぶことが仕事だと聞かされたことを思い出し、この薬を運ぶのも仕事なのか、今まで自分たちが頑張って来たのは何だったのだろうと、答えを探し求める。

<細菌、うがい、邂逅。>
新米の赤血球AA2153は咽頭の粘膜細胞に酸素を運び、印鑑を貰おうとするが、そこにいたのは細菌で、細胞は炎症を起こしていた。マニュアルには酸素の受け渡し優先としか書かれておらず、しかも細菌が彼に迫って来る。その時白血球が細菌に襲い掛かり、食作用を行って、酸素ボンベを彼の許に戻す。死んでも手放すなと白血球。

怖くて目が明けられないAA2153だったが、その時物音がして、大量の水が流れ込んで来た。水とポピドンヨードによるうがいで、流されそうになるAA2153は、その白血球につかまり難を逃れる。細菌も消滅し、白血球は酸素を貰って行くといって、「白」の印を押す。頑張れよ…新米!と言って去るその姿を見たAA2153は、あれが白血球(たぶん1196)なのだと知る。これが彼の初仕事だったが、それはブラックな労働の始まりに過ぎなかった。
(月刊少年シリウス出張版後編)


AA2153たちが働く身体は膵炎を起こし、絶食状態となります。このため栄養素が入って来ず、一般細胞たちは動揺しますが、点滴により直接栄養分が届けられたことに、一安心します。しかし絶食によって、小腸の上皮細胞を始め、消化器系の細胞はすべて仕事がなくなってしまっていました。さらに小腸の上皮細胞は、自分たちが働かなくても、この身体には何の支障もないことにショックを受けていたのです。

その膵臓では白血球たちが細菌を撃退し、勝利を祝っていました。彼女たちの働きもあって、膵炎は収まりつつあり、AA2153たちは歯髄細胞へ酸素を届けに行きます。ただしこの場所は血管が入り組んでおり、ニコチンによる血管収縮が通りにくさに輪をかけていました。またこのせいで、足元もべたついていて悪条件が重なっていたのです。さらに歯周ポケットの細菌による歯周病のため、歯が倒壊の危機にありました。

白血球たちは歯周ポケットに入り、細菌退治をしますが、プラークが邪魔でうまく仕留められず、彼女たちは細菌に蹂躙されてしまいます。歯すら磨かないこの身体でしたが、その時電動歯ブラシが動き、プラークを洗い流して行ったのはせめてもの幸いでした。しかし大勢の細菌たちを相手にした1196は、意識不明で倒れてしまいます。

白血球がこのような状態にあるということは、即ち免疫機能の低下を物語っていました。しかもよく眠れないせいで、多量のベンゾジアゼビンが取り込まれ、副交感神経の働きが活発になりますが、何もかも外部頼みのこの身体に、AA2153は疑問を抱きます。

しかもこのベンゾジアゼビンを多量に、アルコールと共に服用したため、体がオーバードーズ状態に陥り、細胞たちは次々と眠ってしまい、肝臓でさえもアルコールの分解が精一杯で、この薬の分解は手に余っていました。この身体を醒めた目で見ているDA4901とは対照的に、AA2153は、薬を運ぶのに嫌悪感を覚えるようになります。

『月刊少年シリウス』出張版、これはまだ赤血球として仕事を始めたAA2153が、咽頭に行ったものの、風邪か何かなのでしょう、細胞が炎上して酸素を受け取ってもらえず、しかも細菌に襲われそうになり、そこにいた白血球が細菌を退治して、酸素を放すなと警告します。まだまだわからないことだらけのAA2153、しかもその後のうがいのせいで流されそうになるのを、またも白血球に救って貰います。この酸素は貰うと、酸素ボンベを受け取って颯爽と去って行く白血球は1196のようですが、これがAA2153のブラック労働の始まりであると同時に、長きにわたる白血球1196との縁の始まりでもありました。


飲み物-ミルクティ2

スポンサーサイト



[ 2021/09/21 01:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud