fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  ラグビーワールドカップ2023まであと2年

ラグビーワールドカップ2023まであと2年

ワールドカップフランス大会まで、あと2年を切りました。尚日本の初戦の相手はアメリカ2位のチームで、カナダ、アメリカまたはウルグアイのいずれかになります。トリコロールの公式球も決まり、ツイッターにアップされていますので、関連ツイートのリンクを貼っておきます。仏英両語で「ついに決まりました」とありますね。


さて、ラグビーのワールドカップの予選は、前大会でリーグ4位以下のチームに限り行われます。欧州、アメリカ大陸、アジア太平洋、アフリカの予選を勝ち抜いたチームが、晴れて本大会出場となるわけです。この場合欧州は2位まで、アメリカ大陸は3位まで、アジア太平洋は2位まで、そして敗者復活チームが出場資格を得ます。尚アジア太平洋の内、サモアが既に出場を決めているので、残りは1枠(恐らくトンガ)となります。

欧州の場合は、ルーマニア、ロシアそしてジョージアが出場を争うことが多いのですが、スペインやポルトガルも出場したことがあります。実は2019年大会、日本は初戦でルーマニアと戦うことになっていたのですが、ルーマニアが出場停止となったため、ロシアが相手となっています。

またアジアで唯一出場経験があるのは日本のみです。アジア地域ではかつて、日本と香港または韓国が覇権を争うという時代もありましたが、今の日本と互角なチームがなく、そのためアジア各国から選手がトップリーグ(来年からリーグワン)でプレイをしたり、モンゴルから札幌山の手高校に留学生が来たりもしています。

その日本は、10月に豪州代表のワラビーズと対戦予定です。いくらホームで、しかも相手もレベルを落としてくると考えられる-主にリザーブ選手を試す目的-ものの、なかなか勝てそうな相手でもないのは確かです。しかし日本がオセアニアと欧州の中継点にあるため、彼ら南半球の強豪に調整の場を提供し、試合を行うというのはうまいやり方ではあります。


飲み物-ブランデーグラスのビール

スポンサーサイト



[ 2021/09/11 00:00 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud