fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『黄金の日日』の村重謀反

『黄金の日日』の村重謀反

『黄金の日日』8月29日の放送分、「摂津動乱」なるサブタイを見て、恐らく荒木村重の謀反だろうと思っていたら、案の定でした。しかしこの場合、村重は突如として信長に盾突きます。その後黒田官兵衛が捕らえられたため、余命いくばくもない竹中半兵衛が、松寿丸を逃がすことになります。尚半兵衛が病気であるというのは、ナレーションで説明されています。

あとこちらも『国盗り物語』同様、明智光秀が交渉に赴きますが、村重ではなく、高山右近と話をするシーンが登場します。さらに助左も堺へ戻る途中、織田と毛利水軍との戦に巻き込まれる設定になっています。

無論助左が主人公であるから、それはそれでいいのですが、やはり『軍師官兵衛』を観てしまうと、あまりにも村重の謀反の描かれ方があっさりし過ぎに見えます。しかも竹中半兵衛は「ナレ死」ですし…。官兵衛の村重は、まだ牢人で出世を目論んでいた頃に官兵衛一行と会い、その後城主にまで上り詰めるものの、小寺の殿にそそのかされるという展開でしたね。

あの田中哲司さんが演じていた村重はよかったです。後に城を捨てた後道糞と名乗り、伊武雅刀さんが演じる千利休と再び登場するところが、『軍師官兵衛』の面白さであったとも言えます。

ところでこの当時の大河は、主にスタジオ内のセットで収録されており、恐らくは照明のせいもあってか、不自然に明るい印象があります。時代が時代であるため仕方ないとは思いますが、もう少し屋外での収録が多ければ、この大河の雰囲気ももう少し違ったものになったでしょう。それがちょっと残念です。

飲み物-冷えたビール2杯
スポンサーサイト



[ 2021/09/01 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud