fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『江』のこれじゃない感と『篤姫』

『江』のこれじゃない感と『篤姫』

少し前に「『江』に見る大河のバランス感覚の欠如」という投稿をしています。この大河は色々不思議なことだらけで、そのためファンタジーとして観ると面白いという意見を、目にしたこともあります。しかしやはり、それだけでは大河を観た充実感、満足感からは程遠い物があります。

また主人公である江のパートはよくないが、茶々のパートは比較的いいとは思いました。これに関しても、茶々のパートを書いたのは、脚本担当の田渕久美子氏ではなくお兄さんであるとか、色々噂が流れたようです。ともあれここで言えるのは、『花燃ゆ』や『おんな城主 直虎』と比べた場合、題材としては悪くないのに、なぜこのようなドラマになったかです。

逆の見方をすれば、浅井三姉妹は今まで多くの大河に登場しているのだから、一つくらいこのような、方向性の違った、もっと言えば「緩い」感じの作品を作ろうと思ったのかもしれません。しかしその割には、歴史上の出来事をねじ込もうともしているため、無理やりな印象のシーンが多くなったとも言えます。

それとやはり『篤姫』のイメージに引きずられた感もあります。どちらも屋敷陽太郎氏が制作に関わっていましたが、これと浅井三姉妹とでは、時代背景も、主人公が辿った道も違います。また『篤姫』の場合、主人公の初恋の相手という設定ではありましたが、それまであまり描かれなかった小松帯刀が登場しており、どのような人物で、どのような功績を残したか、その描写も注目すべきものでした。残念ながら『江』に、そのような存在はいませんでした。

NHK大河のいわば「これじゃない」感はその後も続いています。女性主人公大河のみならず、令和に入ってからの3作品も、やはりちょっと似たものを感じてはいます。理由は色々あるのでしょうが、民放の時代劇が平成で姿を消し、ライバル不在となったことが、大河をどこか違う方向に向かわせたようにも取れます。

飲み物-アイスティーとグリーン

スポンサーサイト



[ 2021/08/18 01:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud