FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『青天を衝け』徒然その10

『青天を衝け』徒然その10

徒然その10です。大政奉還後に王政復古、小御所会議となるわけですが、この小御所会議の描写がどうにもこうにも急ぎ過ぎに見えます。『西郷どん』のような薩摩大河ではないため、たとえば西郷と大久保のやり取りなどを特に詳しく描く必要はないのですが、この時の辞官納地のこと、さらにその後、慶喜をはじめとする反倒幕派が有利であったことなどは、やはりドラマに入れるべきなのではないでしょうか。

このドラマは主人公はもちろん渋沢栄一(篤太夫)ですが、慶喜もかなり描かれていることから、慶喜が経験した幕末というのをもう少し入れた方がいいと思われます。この人物を描く場合、もちろん幕府方だけ描けばいいというものでもありません。徳川慶喜を描くということは、即ち薩長土、特に薩摩を描くことでもあるのですが、その辺りがどのくらい考えられていたのでしょうか。どうもバランスが悪く感じられます。

それができないのであれば、主人公の出番をもっと増やし、慶喜を出さないという方法もあります。あと、最後の部分で大坂城の家臣たちが、口々に薩摩討つべしと言うのは、何か『麒麟がくる』の演出を思わせました。それから天璋院、そこそこの年齢になっていると思いますが、若い時とあまり変わらない色柄の打掛を着ているのが気になります。いずれにせよ、この大河では無血開城シーンは出てこないようですが。

飲み物-タンブラーの白ビール

スポンサーサイト



[ 2021/07/26 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud