fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  気づいたことあれこれ 26 ラグビー、大河そして鬼太郎

気づいたことあれこれ 26 ラグビー、大河そして鬼太郎

まずラグビーです。先日のアイルランドとの試合についてはまた改めて書きますが、今まで日本がどれだけ太刀打ちできるかがポイントだったこのクラスとの試合、初めて「どちらが勝てるか」を意識したと言ってもよさそうです。BS日テレとJSPORTSだけでの放送だったにも関わらず、関連ツイもかなり見かけました。
一方で、来年から始まる新リーグに関してですが、これについて思い切った改革を目指して来た谷口真由美理事の解任で、いささか雲行きが怪しくなっているのではないか、そう思われるふしもあります。以下は東京新聞の記事です。無論他のメディアの記事も見たうえで判断する必要がありますが、未だに新リーグの名称すら発表されない、あるいは4月末以降リーグ関連の発表が滞っているのと、何か関係があるのかも知れません。

ラグビー協会に何が起きたのか? 改革進めていた女性の外部理事が突然の解任

ちなみにこの時の森喜朗氏のコメントですが、実際のコメントとは違っており、元々のを切り貼りされたという意見もあります。

それから大河ドラマです。もう7月で、そろそろ『鎌倉殿の13人』の公式サイトができてもよさそうなのですが、まだのようです。ちなみにNHKの会長が、この作品を楽しみにしているといった発言をしたようですが、まだ今年のも半分ほど残っていますね。
7月4日が『青天を衝け』の第21回放送でしたが、今後オリンピック、パラリンピックの中継があることを考えると、9月下旬頃が第30回で、この回から完結編に入ることになります。その後12月半ばまで、10回ほど放送がありますが、やはり明治の半ば頃までを描いて、あと晩年の栄一を少し登場させる、そういった形になるのでしょうか。しかし晩年の姿を少しでも出すとすれば、吉沢亮さんをどのように老けさせるか、特殊メイクの人の腕の見せどころとなりそうです。

そして『ゲゲゲの鬼太郎』。時折アニメのDVDを観ていますが、第6期関連でひとつ。以前書いた名無しが、第12話の八百八狸の回で狸たちの封印を解き、彼らに人間世界を乗っ取らせるために暗躍します。これで人間たちも妖怪の恐ろしさを知るのですが、この時鬼太郎を救うため、狸たちの原動力的存在である要石を壊した犬山まなに、名無しは「木」の文字を刻みます。その後次々に彼女に文字を刻んで行き、5文字を刻み終わった第48話で彼女を吸収して、巨大な赤ん坊と化してしまうわけです。
しかし思うのですが、日本の場合、お化けとか妖怪のすべてが必ずしも邪悪な存在ではなく、寧ろ畏怖する存在と言うべきでしょうか。こういう漫画、あるいはアニメが作られるのもそういった土壌ならではと言えるでしょうし、人間と非人間的存在が敵対する西欧的価値観とは、この点がかなり違っているようです。


飲み物-ジョッキのビール

スポンサーサイト



[ 2021/07/05 00:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud