fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  パペットホームズ  >  登場人物 >  グリムズビー・ロイロット/Grimesby Roylott

グリムズビー・ロイロット/Grimesby Roylott

このシリーズでは、グリムズビー・ロイロットは化学の先生で、背が高く大きな顔の人物です。生活指導担当の先生でもあり、ホームズのみならず、友人のワトソンや、生活委員のレストレードにまで厳しく当たります。シャーマンをひそかに思い、この子を理解しようと、彼女が愛する動物になりきりますが、そのことが教育実習生のストーナー先生をおびえさせてしまいます。その後、生徒を愛したことへの責任を取ってビートン校を辞職し、モリアーティ教頭が生活指導の担当となります。

In this series, Grimesby Roylott is a tall man with large face and teaches shemistry. He also has in charge of life guidance of pupils. He is severe not only to Holmes but his friends as Watson and even Gordon Lestrade who is a member of life guidance committee. He loves Sherman secretly and tries to understand her by imitating animals she loves but it frightens Helen Stoner, trainee teacher. After that he resigns Beeton School to take responsibility of loving his pupil and Deputy Headmaster Moriarty becomes to be in charge of life guidance.

Roylott.jpg
ロイロット先生/Grimesby Roylott
(冒険ファンブックより)

スポンサーサイト



[ 2015/02/09 20:57 ] パペットホームズ 登場人物 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud