FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『青天を衝け』各場面の尺の取り方で思うこと

『青天を衝け』各場面の尺の取り方で思うこと

先日の大河『青天を衝け』関連です。元々有名な武士、あるいは天下人のような主人公であれば、本人が誰かに仕え、出世して行きそして天下を取るという筋書きが、ごく自然に出来上がるのですが、この場合は元々は武士でもなく、本人及びその家族と、政権を担っている側と両方から話を進めて行く必要があります。

血洗島が前者で、一橋慶喜が後者となるのですが、慶喜も将軍となるのはまだ先であるため、この部分が
一橋家
幕府
水戸(慶喜の実家)
西国雄藩
に細分化されてしまい、そのうちのいずれにも尺を割くことで、異なるシーンが短いスパンで移り変わって行っているように感じられます。第17回は特にそう思いました。

歴史上の出来事をすべて描く必要はないし、先日の禁門の変なども、尺を半分くらいにして慶喜と薩摩を中心にし、それ以外は血洗島と一橋家プラス平岡家でよかったのではないかと思います。実際長州の思惑を慶喜のセリフで表現しているせいで、いささか説明的にも感じられました。また四か国艦隊の砲撃にしてもどこか説明的で、中途半端に見えてしまいます。それから、水戸(天狗党)が今後どの位の比重を占めるのかわかりませんが、岡部藩の夜襲とか、関係者の処刑までは描かれるのでしょうか。


飲み物-パブのビール2
スポンサーサイト



[ 2021/06/12 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud