FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  漫画・アニメ >  『はたらく細胞BLACK』第3巻-1

『はたらく細胞BLACK』第3巻-1

『はたらく細胞BLACK』第3巻です。この巻は7話が収録されているので、今回はまず4話分をご紹介します。

<平和、ポリープ、天変地異。>
体内は平和になり、細胞たちの暮らしにも活気が戻って来た。そしてAA2153には後輩もできた。小腸に酸素と栄養素を運んできた彼は、ここの栄養素は小腸には回らず、すべて他の部分に行くことを知り、さらにそこの細胞たちから、自分たちは搾取されているとまで聞かされる。そんな彼らにAA2153は、自分もそうだったが、この体のために欠かせない仕事だから、誇りを持てと白血球受け売りの言葉で励ます。

実際この体は調子が良かったが、いくらかインスリン過剰なところがあった。しかも大腸内にポリープが見つかり、キラーT細胞とNK細胞が一緒にいてものものしい雰囲気で、そこで赤血球たちはは白血球(1196)と出会う。NK細胞はポリープががん化していないかを調べていたが、幸い良性だった。しかしその時、上から筒状の物が差し込まれる。吸い上げられて行く白血球を助けようと、AA2153は手を差し伸べ、巻き込まれてしまう。

その後凍えるような思いをした彼が気が付くと、レンサ球菌がいきなり襲い掛かる。白血球が助けてくれたが、ツインテールでいつもと雰囲気が違い、しかも「お仲間」には早速働いて貰っていると言う。彼女が外からの助っ人と言うのを聞いて、赤血球たちは辺りを見回すが、平和になったはずの体は以前よりもブラックだった。彼らは顆粒球輸血療法により、白血球の巻き添えを食う形で、別の体内に送り込まれたのである。

<エナジードリンク、鼻血、ノルマ。>
呆然とする3人に、違う制服を着たこの体の赤血球が声を掛ける。即戦力として期待していると言い、また自分たちの仕事を参考にしろとも言うがこの赤血球たちは、重い荷物を軽々と持ち上げ、ノルマをこなしていた。

そして君たちも「アレ」を浴びれば元気になると言う。それはエナジードリンクだった。血管が拡張し、血流が増大するというメリットがあり、1日5回これが来ると言う。しかしAA2153は、これで大丈夫かと不安になる。案の定、鼻腔内で出血が起こり、彼をはじめ赤血球たちは傷口から飛ばされないよう懸命になる。エナジードリンクのアルギニンによる出血だった。

しかも赤血球たちはカフェインが切れて仕事が進まなくなっていた。一方AA2153たちは酸素運びをしていたが、先ほどの白血球とばったり出会う。「白血球ちゃん」と呼ぶAA2153に彼女は驚くが、自分が元いた体もブラックだったと言い、希望を捨てるなと言って去って行く。彼はこの体での未来にも、希望を持っていた。

<腎臓、尿路結石、血尿。>
前身ベトベトドロドロの状態で仕事を終えた3人は、腎臓で糸球体に体を洗ってもらう。AA2153は糸球体から、この体は死の四重奏であり、それは肥満、高血圧、高脂圧症、そして糖尿病で、最近はシュウ酸も増えて来たと言う。しかしその場を取り仕切る老女は、おしゃべりをやめさせる。糸球体はその後一言だけ、「尿管のそばを通る時は気を付けて」と忠告する。

そしてこの体の赤血球の髭面の古参は、彼ら3人を輸出細動脈で有無を言わさず先頭に立たせる。体だけではなく細胞たちも荒れていた。すると尿管のそばで妙な音がする。壁を突き破って、大きな石が出て来たのである。彼らはわざと危険な場所を行かされていたのだった。赤血球たちの多くが尿管に落ちて血尿となり、痛みで心拍数が増加して、血圧と腎臓内圧が上昇していた。しかし沈黙の臓器である腎臓は、今日も糸球体たちが無言で仕事を続けていた。

ともかく石をどかそうと、AA2153は懸命になるが、そこへ外部から何かが入り込む。細長い管を持つそれは内視鏡で、この内視鏡により結石を確認し、破砕するのだった。何とか難を逃れた3人は、例の白血球に呼ばれて避難するが、白血球たちが集まっているということは、細菌が侵入していることを意味していた。

<尿路感染、沈黙、涙。>
細菌たちは内視鏡の管をつたい、腎臓までたどり着こうとしていた。これを放っておくと、急性腎盂腎炎を引き起こしかねなかった。ヘルパーT細胞の指示のもと白血球たちが動くが、尿路に炎症が起き、尿に白血球が混じって膿尿の症状が起きる。ただでさえ免疫が落ち、白血球が少ない状態でこれは痛手だった。

腎臓は大丈夫かとAA2153が行ってみると、件の老女が支持を飛ばしていた。彼女たちの声を聞いてくれという彼に、老女は口出し無用と言う。しかし一人の糸球体が、婆様には感謝しているが、それでも泣きたい時もあると涙を浮かべる。その時侵入して来た細菌に老女は倒され、腎臓の細胞には代わりはいないから、働きなと言い残して息絶える。その時ロボットのような物が入って来たが、ニューキノロン系の抗菌薬だった。

上層部では、腎臓は2つあるから1つが犠牲になってもやむをえないと言うが、現場で体を張る白血球は
「こんな体(せかい)のためでも、細胞(わたし)たちは働かなきゃいけないんだよ」
と叫んでいた。AA2153は、このまま体を一蹴すると言って汚れも落とさずに出て行くが、去り際に糸球体たちに、お婆さんのために涙を流してあげるように言う。その後AA2153は細菌の死骸に、前の体から来た白血球の刀が刺さっているのを見つける。


やっと平和な世界になったと思った途端、白血球1196は顆粒球輸血療法で他の体に「異動」となり、AA2153とその仲間も巻き込まれます。新しい職場は、前の体以上にブラックな世界でした。しかも新参者ということで、古参の赤血球からはパワハラまがいのことをされます。しかしこの体のツインテールの白血球は、彼らと一緒に来た1196が勇敢に立ち向かうこともあってか、赤血球3人組のことも気になるようです。

しかもこの体の持ち主はエナジードリンクに頼りがちで、1日5回は飲んでいるようです。この体の赤血球たちは一見元気そうですが、結局はそのせいだったようです。しかしこれは同時にカフェイン中毒をもたらし、赤血球たちはカフェインの離脱症状に苦しみます。しかもアルギニンによって鼻血が出てしまい、3人は飛ばされないようにするのに懸命でした。

体中が脂にまみれていて赤血球たちはドロドロになり、腎臓で糸球体たちに体を洗って貰います。実際、糸球体には血液をろ過する機能があります。彼女たちは和装で、名前の通り髪を球形に結っています。その糸球体の一人が、この体には問題があるとAA2153に打ち明けようとしますが、ここを仕切る「婆様」から叱られてしまいます。腎臓は沈黙の臓器、機能低下でも自覚症状が出にくいのですが、それを地で行くように、あとはわずかな忠告をしたのみで無言となります。

さらに結石を粉砕すべく内視鏡が外から入り、やがて石はこなごなに砕けます。しかしその内視鏡の管を伝って、細菌もまた侵入して来ます。本来であれば細菌はこの場に侵入できないのですが、こういう場合は例外的で、急ぎ白血球が細菌退治に向かいます。ところでこの時ヘルパーT細胞が出て来ますが、どうもヘルパーTと言うと、キラーT細胞とNK細胞、マクロファージへの指示(活性化)という印象が強いですね。

一方糸球体たちは、このような状況下で逃げ出すこともできず、うち1人が涙を浮かべ、泣きたい時もあると口にします。その時老女は細菌によって重傷を負い、働き続けろと言って息絶えます。幸い薬も送り込まれ、AA2153はお婆さんのために泣いてあげろと言って去って行きます。ちょっといい場面です。3人をまたも例の白血球が見下ろします、

そしてその後AA2153は、1196の物と思しき刀を見つけるのですが…再会はもう少し先になりそうです。


飲み物ーアイスカフェオレ
スポンサーサイト



[ 2021/06/12 00:30 ] 漫画・アニメ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud