FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『青天を衝け』第17回に関して

『青天を衝け』第17回に関して

今回は家康公登場、元治元(文久4=元治元)年の尊王攘夷運動、そしてイギリス留学をした長州の井上聞多、伊藤俊輔(博文)についての解説です。ところで、このバックの人たちいいですね。

*********************

元治元年6月、百姓たちを連れて京へ戻る篤太夫たち。その場に伝蔵が惇忠の手紙を持ってやって来て、自分も連れて行ってほしいと頼む。実際篤太夫たちも、血洗島から何人か連れて行くつもりでいた。その頃惇忠は、血洗島の人々が押し掛けたせいもあってやっと放免となり、平九郎も手鎖を外された。その頃江戸では、平岡家に京から急使が来て、やすは夫平四郎が暗殺されたと聞かされる。にわかなことにやすは取り乱し、容易には信じられなかった。そのやすを川路聖謨が窘める。

慶喜は今なお円四郎の死を諦めきれずにいた。そこへ永井尚志がやってくる。大坂に長州兵1600人余りが入り、会津を倒して孝明天皇をかどわかそうとしていた。しかし戦になれば薩摩を利するだけであり、平四郎も同様のことを言っていたと慶喜は回想する。その薩摩は、西郷吉之助が慶喜と直談判し、長州を潰すべき、何なら薩摩が先に行きましょうかと慶喜を挑発する。そして血洗島では、伝蔵が篤太夫と成一郎のことを、市郎右衛門たちに伝えていた。しかし家族との対面はかなわず、帰りに中山道を通るというので、伝蔵は用件を作ってそこで会うことにする。

江戸城内の一橋家に入った篤太夫と成一郎は、猪飼勝三郎がそこにいるのを見つける。猪飼は元気がなさそうで、しかもその傍らには、高価そうな品物が積まれていた。慶喜や徳信院、美賀君から贈られた、平岡家への見舞いの品であると聞き、2人はそこで初めて、円四郎が亡くなったことを知る。しかし膨大な品物に囲まれたやすは、呆然としていた。そして京では、長州兵が京へ入っているという知らせを受け、慶喜は急ぎ参内して勅命を取り付ける。御所の九門を固めさせた慶喜だが、長州勢は尚もその固めを突破しようとしていた。

慶喜は、御所に筒先を剥けるとは何が尊王だと叫び、兵たちに檄を飛ばす。孝明天皇や女房達、さらに祐宮(後の明治天皇)は紫宸殿へ、また薩摩軍も、大砲を使って長州兵を遠ざけた。この後、京の市街地には火災が発生した。西郷はその後慶喜と会い、貴方に比べたら我々は何もしていないと謙遜するが、同じ薩摩の川村純義共々、西郷は一橋の恐ろしさを知っており、もうちょっと仲ようしちょった方がええのうと言う。さらにその後、イギリスをはじめとする列強4か国の艦隊が長州を討ち、一連の事件は幕を閉じた。

家茂は祝辞を述べられるが、自らの将軍としての力不足を嘆く。和宮もまた、降嫁した自分が力不足と嘆くが、家茂はそんな彼女をいたわる。その家茂は、小栗忠順から聞かされた、フランス公使のロッシュを密かに頼っていた。また篤太夫たちも禁門の変を知り、長州までが逆賊とはと驚き、円四郎が言っていた通り、攘夷は終わりだと成一郎は言う。その時猪飼が、長州の上屋敷が壊されていること、慶喜が京で先陣を切ったことを嬉しそうに伝える。一方水戸では、逆賊の汚名を着せられた天狗党を率いる藤田小四郎が、自分たちが尊王攘夷の最後の砦となったことで、武田耕雲斎に出馬を要請していた。

やすは屋敷を引き払い、三味線でも教えて暮らそうと考えていた。荷物をあらかた片付けた時、掛け軸に目が留まり、円四郎の言葉を思い出して外したところ、裏には手紙があった。これを見つけたということは、さぞ俺がいなくて、寂しい思いをしているのだろうなという文句から始まるその手紙には
「使えたいお人に仕え
お前という女に巡り合った
我が殿はこの先新しい日本を作ってくださる
そうなったらお前と2人で歩きたい
さぞおかしいれだろう」
という意味のことが書かれていた。涙を流すやすは、すぐ近くに円四郎がいるように思えてならなかった。

篤太夫たちは京へ足を速めるが、途中川路に出会う。また深谷宿では尾高惇忠に会い、その後長七郎に金子を渡したと話す。惇忠や平九郎が、大変な目に遭ったことは彼らも知っていた。またその先の家で、2人は妻子と久々の対面を果たす。市郎右衛門とゑいは大勢だと人目につくと、お千代とうただけをその場に遣っていた。お千代は篤太夫を信じていると言い、篤太夫も一緒に暮らせるまで待っていてくれ、もっと子供もほしいと言う。その時伝蔵たちが大声で、連れて行ってくれと頼みに来る。

翌日岡部領を抜けようとした一行は、岡部藩代官の利根に止められ、渋沢両人を引き渡すように命じられるが、猪飼は一橋家に不可欠な人物ときっぱり断る。篤太夫は不覚にも涙し、円四郎にこの気持ちを伝えたかったと言う。それだけ彼の喪失感は大きかった。慶喜は京へ戻った2人をねぎらい、円四郎は父斉昭が遣わした者、なぜ円四郎が水戸の者に殺されたかと尋ねる。篤太夫はわかりかねると答えるが、慶喜は、円四郎は自分の身代わりになったのだと答え、尊王攘夷も呪いの言葉になったと洩らす。しかも天狗党は諸生党らとの戦いに敗れ、その数を減らして行った。耕雲斎は京へ向かい、天子に自分たちの真心を見せると言うが、慶喜は幕府の為にも、天狗党の討伐に乗り出す。

*********************

篤太夫と成一郎は、40人にものぼる百姓たちを連れて京へ向かいます。その途中伝蔵から惇忠の手紙を受け取りますが、当の伝蔵も京へ行く気満々でした。この時は篤太夫も成一郎も円四郎の死を知らず、さぞかし喜んでくれるだろうと考えていただけに、彼の死を知った時の落胆は大きなものでした。

一方でやすも、京からの使いからこれを知らされ、思わずうそだろと、芸者時代そのままの口調で答えます。このやすがこういうさばけた女性であったからこそ、円四郎も救われることもあったのでしょう。しかし彼女も夫の死を受け入れなければならなくなり、屋敷を引き払うため掛け軸を外したところ、円四郎からの文を見つけます。新しい日本を、2人で歩いてみたいと書かれており、やすは涙します。

そして京では一大事件が起ころうとしていました。長州藩士を中心とする急進派が、京へ向かい、クーデターを起こそうとしていたのです。桂川を渡る、つまり京に入るということですが、『国盗り物語』で明智光秀が本能寺に向かうべく京に入った時もこの描写でした。しかし長州軍は光秀と違い、その目的すら果たすことができず散って行きます。文久年間に志士たちの間で、ある意味カルト的な熱気を帯びて使われていた尊王攘夷(所謂破約攘夷の攘夷)は、最早過去のものとなろうとしていました。

ところで禁門の変の描写なのですが、描き方がダイジェスト風で関連性がわかりづらいのが気になりました。それから慶喜が勅命を賜るのは、実は小松帯刀が要請したものと言われています。小松に関しては前から書いてはいますが、やはりこの人物抜きで幕末の薩摩を描くのは難しいかと思います。

最初に西郷が出て来たシーンなども、本来はこの人が出て来てしかるべきものでしたし、「もうちょっと仲ようしちょった方がええ」も、元々は彼が言ってもよかったかと思われます-藩家老だから、ここまで直截な言い方はしなかったでしょうが。実際この言葉にあるように、また前回の分にも書いたように、この頃から薩摩は幕府と距離を置き始めるようになっています。

あとやはり長州をあまり描いてないせいか、長州関係のシーンがどこか断片的ですね。長州軍もモブですし。禁門の変を描くなとは言いませんが、主人公のかつての仲間が関与した、天狗党の方にもう少し重きを置いてもよかったのではないでしょうか。またドラマの作りが、ちょっとごちゃごちゃして来た印象もあります。しかし天狗党も、この時点で京に向かう(西上)のは、さて如何なものかと。

それから猪飼が、2人の渋沢は一橋家の家臣である、故に岡部藩には差し出しかねると言うのは、普通に考えれば当然ではあるのですが、その家臣になるまでの過程、2人が今なお目付に狙われていて、家族ともまともに会えないことを思えば、ここはよく乗り切ったと言うべきでしょう。しかし伝蔵、声が大きい…。


飲み物-ウイスキーストレート
スポンサーサイト



[ 2021/06/11 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud