fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  気づいたことあれこれ 24 イギリス海軍作品その続き

気づいたことあれこれ 24 イギリス海軍作品その続き

先日投稿した分の続きです。久々に『マスター・アンド・コマンダー』と、『ホーンブロワー 海の勇者』について書いたのでもう少し。前者はラッセル・クロウ主演の映画ですが、このマスター・アンド・コマンダーというのは、イギリス海軍の階級の1つで、映画自体はナポレオン戦争が舞台となっています。

この作品で描かれる軍艦での日常-海戦とそれによる犠牲者、私掠戦の拿捕と、それを行うための船の偽装、軍医マチュリンがガラパゴス諸島で、様々な動植物を採集したり、また自分の負傷を自ら手術するシーンなどなど、如何にもこの当時らしさが窺えます。あとこのマチュリン先生はアイルランド系でカトリックであり、戦死者を水葬する時の、聖公会及びプロテスタント諸派の「主の祈り」を唱えないなどのシーンも出て来ます。この辺は如何にもイギリスというか、当時の大英帝国らしさを感じさせます。

一方『ホーンブロワー』ですが、こちらも時代的にはほぼ同じです。全8話のドラマであるため、その時々でテーマが異なります。私が特に好きなのは、この前の投稿の第2話そして第5話です。ちなみにこの第5話と第6話は、軍法会議をテーマに一続きになっています。

第5話では、ホレイショが配属された艦の艦長が疑心暗鬼にかられ、おかしな行動を取るため、彼を始め海尉たちがそれを止めようとして、その結果艦長が負傷してしまいます。軍律違反ということで、結局その後軍法会議が開かれるのですが、この時は罰せられそうになったホレイショに代わって、重症のため余命いくばくもない親友アーチ―が、自ら罪をかぶります。

他にも第1話で所謂矯正徴募が出て来たり(尤も、いたずらに誰もかれもを連れて行ったわけではなさそうです)、ホレイショが制服をあつらえるものの、予算オーバーで靴の飾りを銀でなく銀メッキにしたり、戦争が終わって宿屋暮らしを続けていた時に、お金に困って剣を質入れしたりと、その当時の海軍士官の様々な面が出て来ます。無論これ以外にも海軍関係は色々な作品があり、観終わり次第こちらで紹介できたらと思います。


飲み物-お洒落なランプとウイスキーグラス



スポンサーサイト



[ 2021/05/25 00:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud