fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『鎌倉殿の13人』は、どのように描かれるのか。それを考えてみると

『鎌倉殿の13人』は、どのように描かれるのか。それを考えてみると

来年放送予定の『鎌倉殿の13人』、これまで何度かキャスト発表がされて来て、どのような人物が主に登場するのかも大体わかって来ました。これまでのところを見ると、源氏の方が当然ながら多いかなとは思います。

一方で平家はと言えば、平清盛が松平健さん、平宗盛が小泉孝太郎さんというのがわかっているのみです。こういった点から判断すると、平家の人々はあまり登場しないか、出て来てもそこまで重要なキャラではないのかとも思ってしまいます。ただ頼朝挙兵から壇ノ浦に至るまでは、平家の人物がそこそこ出て来る必要があります。そこは三谷さんも、戦闘シーンを少なくして、寧ろ鎌倉重視で描きたいと考えているのかも知れません。

ただ『真田丸』では関ヶ原をショートカットできたものの、この場合壇ノ浦を描かないわけには行かないし、それより前の一の谷や屋島の戦いも一応は触れておいた方がいいかと思います。あるいは未だ、俳優さんの事務所と交渉中なのかも知れませんが。

それと三谷流のアレンジという点を考えた場合、源頼朝をあまりかっこよく描かないのではないかと思っています。頼朝といえば鎌倉幕府の創設者、つまり日本における武家政権の創設者ではありますが、意外と妻である政子に歯が立たず、北条家の人々の中で色々悩んだという描写もありでしょう。これは頼朝を演じる大泉洋さんが、前回は真田信幸(之)役であり、あれこれ悩む人物であったのと関係しているのかもしれません。

またこの場合、主役は北条家の人物で初代執権でもあるわけですから、北条側の視点が中心になると思います。前に、頼朝は操り人形的になるのかと書いたことがありますが、その線ももちろん考えられます。主人公は義時で、頼朝がいなくなった後は義時の思惑に沿って人々が動き、北条による体制が確立して行くわけで(これは『草燃える』総集編の最終章も同じ)、その過程をどう描くかで面白さが決まりそうです。

ところでこの大河は、昨年の11月からキャストが発表されていますが。最近、特に『麒麟がくる』などは放送予定年の2年前に制作発表され、その後定期的にキャストが発表されるようになっています-ただ『青天を衝け』は発表9月、またコロナ禍もあってか、第一次キャスト発表が翌年7月と比較的遅めでした。

それで行くと、『どうする家康』の第一次キャストも、あと半年ほどで発表となりそうです。無論三谷さんはあて書きをする人なので、その意味もあっての早めの発表でもあるとは思いますが。

飲み物-ランプと水とウイスキー

スポンサーサイト



[ 2021/05/23 11:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud