FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『青天を衝け』第14回に関して

『青天を衝け』第14回に関して

前回お休みだった家康公、今回は朝議参与に関しての説明です。

************************

栄一と喜作は、平岡円四郎から一橋家に仕えるように打診されるが、一旦返事を保留する。そんな二人に円四郎は本物のバカだと思うものの、あの小さいほう(栄一)は見所があると思ってもいた。彼らは旅籠へ戻り、栄一は世の中の役に立たないうちに一生を終えたくない、生きてさえいれば何とかなるし、一橋家に奉公すれば幕府からの嫌疑も消え、長七郎を助けられるかも知れないと、前向きに仕官を考えるようになっていた。栄一はこの時の状況を、円四郎の言葉を借りて「おかしれえ」と表現する。その後二人はまたも円四郎に会いに行き、建白書を渡す。

本当は慶喜に直に意見を具申したいのだが、この当時の慶喜は、雄藩の藩主たちである朝議と、江戸からやって来た老中たちとの板挟みで多忙だった。この頃の一大問題は横浜鎖港であり、薩摩から攘夷、ひいては鎖港もやめるようにともちかけられる。このような事態を幕閣は憂えていた。薩摩の国父久光は慶喜を、朝廷に気に入られることのみを考えているとみなし、慶喜は攘夷を早々にひっこめた久光に対して、反感を募らせる。

円四郎は、二人の拝謁の前に、松ヶ崎での馬駆けがあるから、その時に現れて名乗りを上げるようにと言う。当日栄一と喜作は、やってくる慶喜とその側近に対して。徳川の命は尽きている、もし天下に何か起こった場合は、自分を取り立ててくれと馬を追いかけ、声を限りに訴える。慶喜は側近の一人である円四郎に目をやり、彼の仕業だと見抜く。そし2人は若州屋敷に赴いて目通りを許され、栄一は乗り切るためにも、天下の志士を集めるべし、国の手綱が緩むと、天下を乱す者が現れると訴える。

さらに栄一は、天下の志士が集まると一橋家が活気づくと言い、結果として幕府が倒れようとも、衰えた日本を盛りあげるきっかけになると拳を振り上げ、その後
「…と、こういう私どもの建白を深慮っていただきたいのです」
と口にする。水戸烈公の子である一橋様に何とぞと訴えるその姿に、慶喜は初めて出会った頃の、給仕の仕方が如何にも無作法だった円四郎を重ね合わせていた。

その後慶喜は、一橋家の番頭である猪飼勝三郎と二条城に戻り、円四郎は栄一と喜作に、孝明天皇が再び政をゆだねるつもりでおり、また横浜鎖港談判使節団を送ったことなどを教える。円四郎は
「幕府の直参なめんなよ」
と言い、慶喜は立場の異なる者たちを相手に一歩も引かない剛情者で、それゆえに力を持ちすぎるとみなされ、動きが取れない状態なのだと教え、2人を武士として待遇するために刀を渡す。

こうやって一橋家の者となった栄一と喜作だが、あてがわれたのは狭い長屋で、しかも無一文であるため、猪飼から借金をして食料や鍋を買い、初めて炊いた飯は粥になってしまっていた。また慣れない仕事にも戸惑っていた。同じ頃血洗島では、惇忠が板橋宿で囚われている長七郎について役人と掛け合うもうまく行かず、栄一たちから文も来ず困惑していた。

参与会議の諸侯らは、政ができないことにしびれを切らし、薩摩国父の島津久光は中川宮朝彦親王に、横浜の鎖港を撤回するよう取り入っていた。また松平春嶽も、諸侯を老中の上に置くべきと考えていた。その後、諸侯らが政に参加することが決まり、京に滞在中の家茂が彼らをもてなしていることで、慶喜は危機感を覚え、中川宮に直談判して薩摩の奸計を知り、朝廷は薩摩の言いなりかと語気を強め、久光、春嶽、宇和島藩の伊達宗城を天下の大愚物とまで断罪する。そして中川宮を自分の側に引っ張り込む。

さらに慶喜は、政権の返上などありえないと言い、参与会議は事実上幕を閉じて、政は幕府のものとなる、慶喜は家臣たちに酒を振舞い、長屋の栄一たちにも酒が許された。一方久光は煙草をふかしながら、面白くなさそうな表情だった。

************************

所謂参与会議の顛末が描かれますが、この大河、政治関係になるとやはりどこかダイジェスト的になるようです。円四郎は慶喜を「剛情」だと言いますが、これは中の人が「剛」さんだからでしょうか。それはともかく、栄一たちが如何にも粗末な格好で目通りし、このままでいけないとあれこれ話すうちに、あるいはその前に松ヶ崎で出会う時に(ロケの最初はこのシーンだったようです)幕府は終わるといったことを盛んに口にしていますが、あれはあの当時としては、どこか微妙な感じでもあります。しかも若州屋敷では、タメ口になってしまっていますね。

その栄一たち、一橋家に仕えるに当たって、草履取りに言及していますが、この辺り豊臣秀吉をイメージしているのでしょうか。草履取りといえば『おんな城主 直虎』ですが、あれは正しくは草履投げでした。それと栄一は、元々血洗島にいた時は、武士との身分の違いを少なからず実感しているはずです。自分たちが武士になると決めた時、それを回想するシーンがあってもよさそうなものですが…それはなかったようです。

そして血洗島では、尾高惇忠が長七郎に会うこともかなわず、また栄一たちも音沙汰なしということで、かなり不安を募らせます。その栄一たちはと言えば、一橋家の使用人となって、狭くて汚い長屋で、肩寄せ合って暮らしているのですが、そういうこととは夢にも思ってはいないでしょう。しかも2人は、血洗島では厨房になど入ったことがないでしょうし、ご飯がお粥になってしまうのも当然ではあります。

しかし思うのですが、この『青天を衝け』、血洗島メインで朝ドラにしてもよかったのではないでしょうか。千代を主人公にして、夫不在の家を切り盛りした様子を描くと、それはそれで説得力があるかと思います。と言うか、文久3年までの長州が描かれない状態で、幕末の京を描くのもいささか無理があるようですし、久光に従っている大久保も、本来であれば(何度も言いますが)小松帯刀でしょう。

しかも大久保もあまり存在感がなく、『花燃ゆ』の幕末期の桂小五郎とどこか似たものを感じます。『西郷どん』を補完的に観ることになる所以です。土方歳三を演じている町田啓太さん、小松と一人二役で出て貰えないものでしょうか。

ちょっと尾篭な話ですが、この頃慶喜はストレスと飲酒のせいで、便秘がちであったとも言われています。『胡蝶の夢』の中で、松本良順がその慶喜のために、アヘンを処方して熟睡させる場面が登場します。この時代まだアヘンは薬として使われており、今でも鎮痛や鎮静、あるいは咳を鎮めるための薬として使われ、日本薬局方では「アヘン散」となっています。

しかしストレスも大酒を飲むのも、あまり体にいいことではありません。『はたらく細胞BLACK』の世界です。そもそもストレスが多いと消化機能が抑えられますし、飲酒は消化器の水分を奪うので、お通じが悪くなるのも無理からぬ話ですね。


飲み物-白いカップの紅茶
スポンサーサイト



[ 2021/05/21 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud