FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『麒麟がくる』情報を2021年に見て感じたこと

『麒麟がくる』情報を2021年に見て感じたこと

先日の大河関連投稿で、新キャスト発表が『青天を衝け』なのか、『鎌倉殿の13人』なのかわからなくなると書いています。実際NHK公式サイトのこのページを見ると、それぞれの新キャストが交互に登場しているようにも見えます。

大河ドラマ|NHK_PR|NHKオンライン
(NHK ONLINE)

しかし、昨年一昨年の大河の情報がまだ残っているというのにはちょっと驚きです。特に『麒麟がくる』の情報は、公式サイトは既に閉鎖されているにも関わらず、まだかなりアップされています。ただし流石に沢尻エリカさんの画像や紹介はありません。かと言って、川口春奈さんが紹介されているわけではないので、帰蝶不在でちょっと奇妙な雰囲気です。

今から1年前、昨年の5月半ばには、桶狭間・越前編の出演者が発表されています。しかし私は越前編の途中から観なくなり、その後2,3のエピに目を通した以外は、未だすべての録画を観終わっていない状態です。

制作発表時の記事を見ると、「やり遂げて1年くらい天下が欲しい」と長谷川博己さんが語っています。しかし実際は沢尻さんの不祥事で放送そのものが遅れ、コロナ禍で収録ができず放送休止となり、しかも色遣いがけばけばしい、オリキャラが出過ぎ、山崎の合戦がないなどの理由で、色々批判もされました。
もちろん発表時は、そのようなことは予想だにしていなかったでしょうし、収録ができないなどの不可抗力もあったとはいえ、構成そのものをもうちょっと考えてほしかったです。

それにしても、この制作発表のページには
「「麒麟がくる」は、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけ戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」です」
とありますが、どうも「大河ドラマの原点に戻った」とは言い難いところがありました。これなら、『青天を衝け』の血洗島のシーンの方が、もう少し大河らしいと思いますし、前にも書きましたが、この「戦国のビギニング」なる表現にも違和感ありです。「黎明期」とでもすればいいのに-とはいえ天文年間は戦国黎明期ではありませんが。


飲み物-アイスココア
スポンサーサイト



[ 2021/05/12 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud