FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  推しとアンチに関する私見 続き

推しとアンチに関する私見 続き

先日の続きになります。「推し」である存在に強い感情を抱く人は、マスコミの報道にも後押しされているように見えます。つまりマスコミがその人を好意的に書く、あるいは持ち上げることで、やはりこの人は素晴らしいのだ、この人のファンになった自分にも間違いはなかったのだと、そう考えてしまいがちで、マスコミに乗せられている感も少なからずあります。

無論個人レベルでその人が好きで、応援したいとか、あるいはCDやDVDやグッズを買いたいという程度であれば、別に構わないのです。ただしその人を悪く言う人たちに対して、自分は正しい、間違っていないと反発するのは何やら宗教的であり、ご本尊を擁する信者のようになってしまいがちです。

それと以前見たブログだったかサイトだったかで、自分の推しを批判するツイートが紹介されていたこともありますが、正直如何なものかなと思います。本来ファンブログと言うのは、誰それが好きだとか、その人のプレイまたは演技とかに魅せられるといった内容のはずですが、最早それどころではなくなってしまっています。


そのブログ主さんが推している人に対しては、特に好きでもなく極端に嫌いなわけでもないのですが、流石にこういうやり方には嫌悪感を覚えました。私も『武将ジャパン』関連などで、記事を引用して反論したことがありますし、その手の批判ツイも、確かにほめられた内容とは言えないものもありましたが、いくら何でも親の仇のように、ここまで晒しものにする必要もないでしょう。


推しというのは、その人に取っては唯一無二の存在であり、場合によっては、これ以上のイケメンor美女はいないと思える存在なのでしょうが、それはあくまでもその人に取って、あるいはその人同様に当該人物を推す人々に取ってだけのものです。それに反対する人もまた五万といるはずです。


ある人を好きなあまり、あるいは、その人を批判する人に対抗せんとするがあまり、一線を越えてしまうことがないように気を付けたいものです。しかし個人の意見を自由にネット上で述べられる今、そういうのを目の当たりにするのが多いのもまた現実ではありますが。


飲み物-華やかなティーカップと紅茶

スポンサーサイト



[ 2021/05/06 00:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud