FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『国盗り物語』に見る明智光秀 54

『国盗り物語』に見る明智光秀 54

安土城下に「無辺」と称する山伏が住み着き、借りた寺で怪しげな修法を行っていると聞いた信長は、その者を呼べと家臣に命じ、やがて無辺本人と、借りている寺の院主栄螺坊がやって来ます。両名は身分がないため庭先で信長を待ち受け、信長は無辺に、生国はどこだと尋ねます。無辺は生国などないと答えますが、さればお前は化け物かと言い、化け物なら炙っても平気なはずだと、火刑の支度をさせます。
そこで無辺は慌てて、生国は出羽の羽黒であると答えますが、要はまやかしであったわけで、信長はこの手の人物をひどく嫌い、そのまやかしを引っ剥がすことに正義感を覚えていました。叡山焼き討ちもその延長線上にあると言えます。

やがて信長は無辺の髪を剃り、ところどころを剃り残して梅毒の患者のようにして追放します。またこの無辺の修法の中で、相手が女の場合、臍くらべなるふざけた行をしていたことがわかり、信長は再び無辺をしょっ引かせます。しかも信長の場合、同じことを家臣にもやりかねないことに、光秀は恐れを抱いていました。
その前年の天正8(1580)年、信長はかつて生母の土田御前と組んで、弟の信行に家督を継がせようとした林通勝を追い出してしまっています。信長はこの人物の悪事を許し、部将として採り立て、官位も貰ってやったはずなのに、その古傷を暴き立てたのです。

この天正8年は本願寺が降伏しており、その前年には光秀の丹波攻略も終わり、さらにその前の年には、信長に取って目の上のたんこぶであるが如き存在の上杉謙信が世を去っていました。これでやっと畿内に平和が戻り、それ故の通勝追放であったと考えられます。信
長に取っての家臣は道具であり、やがて使い道がなくなると捨てられる運命にありました。実際柴田勝家も信行を立てており、この人物は今なお使われ続けているものの、やがて捨てられることになると、光秀は密かに思っていたのです。

さらにこの年は、信長の譜代の家臣の一人である、佐久間信盛も高野山追放の憂き目に遭っていました。信盛も様々な戦に参戦し、功績を挙げてはいましたが、この人物は多少怠惰でしかもぼやき癖がありました。要は仕事嫌いで愚痴が多い傾向があり、信長はそこで折檻書をしたため、光秀、秀吉、池田信興らを引き合いに出した後、工夫が必要ならば教えてやるのにそれを問うこともしないと書いています。
これは譜代故の見方の甘さと言っていいでしょう。しかも領地を増やしてやったのに、自分の取り分が減るからと家臣への加増もしない、けちであると言い、しかも信盛の子正勝をも同様に批判して、高野山へ追いやったものの、その後さらに信盛父子は追い立てられて熊野へ逃げ込みます。

ところで前出の無辺ですが、結局信長に首を刎ねられてしまいます。この執拗さはいささか異常とも言うべきものでした。またこの年の3月、信長は思い立って小姓たちを連れ、琵琶湖の竹生島まで遠出をします。帰りは秀吉の長浜城に泊まるのだろうと思った安土城の女中たちは、これ幸いと二の丸で遊んだり、城下に出向いたりしていました。
ところが信長は竹生島を出て長浜に上陸するなり、馬を飛ばし、まだ日没前に安土城へ戻ったのですが、当然ながら女中たちは不在です。これに怒った信長は、捕縛した女中たちを断罪に処しますが、桑実寺に参っていた者たちのために、寺の長老が詫びにやって来ます。しかし信長はこの長老の首を刎ね、寺にいた女中たちも悉く首を刎ねてしまいます。

光秀がこの知らせを受けたのは、丹後に出かけている時でした。丹後を貰って宮津城の城主となっていた、細川藤孝から招待されて、連歌師の里村紹巴と共に出かけており、折しも連歌を楽しんだいる最中にこれを知った光秀は、急に歌を詠むのをやめて暗い表情になります。
何せ女中が出かけただけでこの処分に及んだ信長です。自分が居城を離れ、他人の領地で連歌を楽しんでいることが知れれば、どのような罪に問われるか知れたものではありません。光秀はその夜のうちに丹波を発ち、3日目に亀山に帰城します。

信長の恐ろしい部分、まやかしと知るや根絶やしにしてしまう性格が段々露わになって行きます。しかもこの天正8年ともなると、周囲の敵はほぼいなくなり、それと同時に、今まで使われて来ながらも、過去の悪事を暴かれて追放された者もいました。
譜代でさえも容赦なく追い出してしまい、光秀は、使えなくなった家来は道具と同じで処分されると、危機感を抱くようになります。これは家臣だけでなく、城下に住み着いた怪しげな山伏や、自分の留守中に二の丸や城下に遊びに行った女中たちにも、同様の処分を下していました。

丹後に旅行中にこのことを知った光秀は、心中穏やかではありません。連歌を楽しんでいたにも関わらず、そそくさと亀山に帰ってしまいます。
何やら、常に信長に怯えているが如き有様です。無論信長が追放した林通勝、佐久間信盛に比べれば、まだまだ光秀は使える人物なのですが、近い将来どうなるかわからず、元々信長との反りが合わないものの、鉄砲術と軍楽に優れていたからこそ使って貰えているという現実があり、この両者がどこかで噛み合わなくなることを恐れた光秀の、本能寺への布石が打たれて行きます。

飲み物-グラスに入ったビール

スポンサーサイト



[ 2021/04/17 23:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud