fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  花燃ゆ >  花燃ゆ-27 やはり脚本がおかしい 

花燃ゆ-27 やはり脚本がおかしい 

まず、昨日の分「花燃ゆ-27 不可解な文(美和)と不思議な大田絵堂の戦い」で、小田村伊之助を無罪放免としていましたが、正しくは処刑延期です。失礼いたしました、訂正しています。しかしそれで思い出したのですが、高須久子は野山獄にまだ入っているのですね。

しかし、高杉雅が他の何人かと新しく奥に入るわけですが、何週間か前の回でのリストラ、あれが結局無駄になっているような印象を受けます。それと、雅の敬語がおかしいと先日書きましたが、彼女が自分の方から銀姫に口を利いたりしているのもちょっとありえないですね。普通上から話しかけるものです。何だかここは奥のしきたりというものがあまり感じられず、やたらにフリーな感じです。そしてまた文が勝手に動き回るし、あれではスパイ活動やっていると思われても仕方ないでしょう。都美姫が文を叱る言葉が、いちいち正論に聞こえてしまいます。

それと、大田絵堂の戦いを改めて観ましたが、やはりどうも冬の光景という感じがしません。それとこの時は、鎮静会と呼ばれる中立派、実質高杉側の藩士が和平交渉を進めようとしますが、結局藩政府軍の反発を招き、交渉の帰途鎮静会の4名のうち3名が暗殺されます。いわゆる殉難三士と呼ばれる藩士たちですが、これは今のところ登場していません。他にも大田絵堂の戦いには様々な側面があって、それを描いて行けばかなり長くなるのですが、この大河的には奥の方にやはり重きが置かれているようですね。せっかくの長州なのに残念です。

しかし、やっぱり文の描き方はどうにかならないものでしょうか。奥に入って行動に制約が出て来たこと、藩主や藩主夫人との距離が近いことなどのせいか、以前にも増して自身の主観による意見具申が多く、どうにもこうにも共感できなくなっています。脚本担当は、どのような意図でこうしているのでしょうか。そもそも藩主夫人都美姫と銀姫の対立を煽っているのは、文に見えてありません。おまけに家族としょっちゅう会っているし。また雅も、藩主夫人とのやり取りが単刀直入すぎるきらいがあります。この人は、いうなればお情けで奥に置いてもらっていると思うのですが、この態度は如何なものでしょうか。

それから幕末なのに、幕臣が全然出て来ませんね。多分勝海舟も出て来ていないかと。別にこの時期長州だけが動き回っていたわけではないのですが。ただ安政の大獄でも、あたかも吉田松陰だけが罰を受けたような描かれ方でしたし、肝心の水戸藩と井伊直弼の対立もさっぱり描かれませんでしたし、長州だけがすべてのような描写になるのも無理からぬことなのでしょう。実はこの時期、幕府方では小栗上野介忠順が軍事関連でフランスと手を組んでいるのですが、文に関係ないから登場しないのでしょうか。幕末という視点で見た場合、これはかなり重要なことです。

それと敏三郎久々に見ました。結構奇兵隊でうまくやっているようですが、あの手話でちゃんと意思疎通ができているのでしょうか。

画像


スポンサーサイト



[ 2015/08/11 00:00 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud