FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『青天を衝け』第7回に関して

『青天を衝け』第7回に関して

『青天を衝け』第7回です。今回の徳川家康公は、江戸の文化、武士や豪農が嗜んでいた漢詩についての説明で、その後、尾高惇忠が詩を朗読するシーンに切り替わります。

**********************

尾高家の長七郎が江戸へ武者修行に旅立った。兄惇忠は弟の送別に漢詩を朗読する。その後栄一は、惇忠に喜作が、親が縁談を決めていることを話す。栄一が聞き耳を立てていると、喜作はその縁談に乗り気でなく、千代を欲しいと口にしていた。栄一は喜作を褒めつつも、軽薄なところがあると言い、最終的に2人は取っ組み合いになってしまう。

江戸では、老中首座阿部正弘が急逝した。開国後の困難な問題は山積されたままだった。幕臣川路聖謨は平岡円四郎の長屋を訪ねてそのことを話す。代わって老中首座となったのは、開国派の堀田正睦だった。円四郎は国を開くとなれば、誰が将軍になるかも大事であると言うが、慶喜にその気はなかった。しかも慶喜の父斉昭は朝廷に幕府を非難する建白書を送り、幕府に対して高圧的な態度に出る。

しかしその斉昭も、自分の引き際はわきまえているようだった。慶喜は斉昭の建白書により、京が騒がしくなっていると父に伝える。さらに、京へはもう文を送らないように諫め、斉昭はそれを呑む。

慶喜は「この国は変わろうとしている」という阿部の言葉を思い出していた。そこへ美賀君が現れ、将軍になるつもりはないのかと尋ねる。自分には一橋家でさえ荷が重い、天下を取ったりすれば公儀滅亡だと言う慶喜に、彼女は「それは建前であらしゃりますな」と鋭い言葉を放つ。

栄一の姉、なかが嫁ぐ日が来た。その時栄一は、千代が喜作と一緒になるという噂を耳にする。村の神社へ参った千代は、獅子舞を観ている内に幼い日の光景ががよみがえる。栄一は野良仕事の帰りに千代の家を訪ね、喜作と一緒になるのかと訊く。千代は、自分は家に金がないから、商人に嫁ぐと思っていたが、でも喜作なら安心だ、栄一の近くにもいられると答える。栄一は家に戻るが、その後姿を千代の弟の平九郎が見送り、千代は何か寂しげだった。

松平慶永は慶喜の将軍就任を望んでいた。円四郎が考えた文章を橋本左内がまとめ、次期将軍に関する建白書として幕府に提出された。しかし家定はそれを理解できず、慶喜のような年寄りを養子になど要らぬと言う。慶喜は異人(アメリカ総領事ハリス)に謁見することになっており、これには家定も安堵したようだったが、乳母の歌橋が「異人に会って恥ずかしくないお方」と口にしたため、慶喜への対抗意識をあらわにし、さらに斉昭が慶喜の将軍就任を画策していると聞いて、自分が会うと言い出す。

ハルリス(ハリス)は駕籠に乗り、江戸城へ向かっていた。それを見た真田範之助は長七郎と共に、宇都宮藩の儒者である大橋訥庵の思誠塾へ行く。そこでは過激なまでの攘夷思想が教えられ、長州や薩摩、水戸の藩士がたむろしていた。長七郎が百姓であることを知った彼らは真剣を抜き、その相手に長七郎は木刀で向かうが、その姿勢を訥庵にほめられる。

栄一はまた藍売りの旅に出ることになった。今度は惇忠と一緒で、詩や書を楽しめそうだった。そこに長七郎からの手紙がくる。江戸では尊王攘夷思想が盛んであることに加え、栄一と千代が結婚すると思っていたとも書かれており、さらに、お前の志は何であるかとも付け加えられていた。また栄一は父市郎右衛門から、旅姿が風流人のようだと言われ父は、詩や書にかまけず、商いを忘れないようにと念を押される。

道中栄一は詩をしたためていた。山を登る様子、岩肌、峰をよじ登るのも谷を歩くのも道が険しくなる様子、その中で青天を衝く思いで腕まくりをし、白雲を突き抜けるほどの勢いで進む。

山頂で栄一は、青空に向けてこぶしを突き出して見せた。これで心のもやもやしが晴れた栄一は、帰るなり駆け出して行って、神社に参っていた千代に会い、こう切り出す。

「お千代、俺は…俺は、お前がほしい」

その頃江戸城の茶会で家定は、松平慶永が大老になるのではという噂を聞くが、家定は慶永を嫌っていた。その時近づいてて来た男がいる。それは、彦根藩主井伊直弼だった。家定は、手作りの菓子を井伊に振舞う。

**********************

千代と結婚したい栄一ですが、喜作に取られそうで気が気ではありません。千代自身に会ってそのことを聞き出しますが、千代も今一つ、その気にはなれないようです。本当は栄一が自分を嫁にほしいと言ってくれる、その時を待っているようにも取れます。その後藍玉売りで登山をした栄一は、青天にこぶしを振り上げ、この時の様子を詩にします。最早栄一に迷いはなく、家に戻るなり千代に会いに行き、自分の嫁になってくれと言い出します。この辺りも、なかなか血の気が多い栄一らしいと言えます。

一方で江戸ですが、慶喜を将軍にという勢力が動き出していました。慶喜は自分にはその気はなく、この一橋家でさえ重荷であると言いますが、正室の美賀君は、慶喜の本心を見抜いていたようです。また家定は慶喜をライバル視し、ついに自分がハルリスに会うと言い出します。家定は松平慶永嫌いでもあり、それを好機と井伊直弼が近づいてきます。ところでこの井伊のシーンなのですが、あれはちょっとないのではないかと。

あと正直言って美香君や篤君(篤姫)より、千代の方が凛として気品があって、お姫様らしく見えるのですが…特に篤姫は、『西郷どん』の北川景子さんのイメージが強いせいかも知れません。上白石さんは西郷従道の奥さんでしたね。

慶喜が自分が将軍になると幕府を潰すと言った件、結果的にはそうなりました。それと過激な行動に出ていた斉昭、烈公と言われた人物だけに、これもむべなるかなと思われますが、最終的には慶喜に諭されたようです。そして江戸でも、かなり過激な思想が徐々に広まりつつありました。

この大河では、戊午の密勅は出て来るのでしょうか。孝明天皇の密勅で、幕府より水戸藩に先に届けられたため、安政の大獄の厳しさに拍車がかかったと言われ、また幕末の水戸藩の混乱を招く遠因となりました。しかし江戸パート、平岡円四郎や幕臣の一部の描き方はそう悪くはないのですが、時代背景に関して、もう少し尺を取って描いてほしくはありますね。


飲み物ーアイスカフェオレ
スポンサーサイト



[ 2021/04/03 00:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud