FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  ツイッターのメリットとデメリット

ツイッターのメリットとデメリット

先日書いていたツイッターに関してです。

日本のツイッター人口は4500万人に上ると言われています。アカウント数も膨大なものでしょう。無論送られてくる情報も様々なもので、中にはかなり興味をそそられる情報もあれば、そこまで関心がないとか、はっきり言ってこれは嫌いだといった物まで様々です。
これも少し前に書いていますが、自分の関心がある分野での創作、イラストなどは楽しませて貰っていますし、その他にも風景や花、食べ物や旅行、暮らしの豆知識や新製品情報、本やDVD関連などは比較的好きな情報であると言っていいでしょう。

反対に苦手なのが、芸能人関連で自分の「推し」に関するツイ、自分語りが多いツイ、インフルエンサーと呼ばれる人たち、特に評論家など言論人のツイートで、明らかに自著のセールスとなっている物などなどです。
書物関連は面白そうな情報も多いのですが、評論家の著書で、あまりにも自分の主張を押し出している物は苦手です。こういう人たちはフォロワーも多く、「勉強させてもらっています」的リプもあるのですが、それはあくまでもその人の意見に追随しているのであって、自発的な勉強とはちょっと違うのではないでしょうか。

芸能人関連では、以前芸能ブログに関して書いたと思いますが、その人の好き嫌いや評価基準は、あくまでもツイ主の主観やマスコミの意見によるものと思われますし、私は生憎、そこまで思い入れの強い人は殆どいません。ある程度好きな人であっても、その人ネタのツイはあまりやりません。(以前大河関連でちょっとやったことはあります)また番組実況もまずやりません。
とどのつまりエンタメ系というのは、主観に支配される部分が大きく、興味のあるなしがはっきりしやすいので、あまり見方の違う情報が回ってこないよう、一応カスタマイズをしています。

あと割と人に絡むというか、何かトラブっていたりで、訴訟をちらつかせるツイというのも目にしたことがあります。どのような次第になっているのかはわかりませんが、ツイッターなんて140文字が上限ですから、多くを語るのには不向きです。
この特性をうまく生かして、ちょっとしたあいさつやお喋りに使うのであれば問題はないと思います。その点を間違うと、場合によっては他のアカウントとも対立し兼ねませんし、会話がこじれてしまいがちです。便利な面もあるツイッターですが、使い方を間違えないようにしたいものです。

それと承認欲求について。SNSなどは概ねどういうところがありますが、ツイッターもまた承認欲求のツールとして使われることもあるでしょう。言い方が悪いのですが、所謂かまってちゃん的な使い方もないとは言い切れません。自分で何らかの情報を流すと、どうしてもそれに対する反応を求めがちになるためです。
しかしその反応が、自分の望む方向からの反応であるとも一概に言えず、寧ろ考えが正反対の人がリツイやいいねをしている可能性もあるのです。こういうことを考えると、殊更に何らかの反応、あるいはリプ欲しさに情報を流しまくるのも、リスクが高いと言えるでしょう。

飲み物-アイリッシュコーヒー

スポンサーサイト



[ 2021/03/24 11:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud