fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  映画 >  ビリー・ワイルダー監督『シャーロック・ホームズの冒険』に関するあれこれ

ビリー・ワイルダー監督『シャーロック・ホームズの冒険』に関するあれこれ

前回の記事ではあらすじが中心でしたので、この中の描写で目についた部分、面白いと感じた部分を拾ってみます。

まずワトソンの遺品が開封される場面ですが、彼が使っていた聴診器はいわゆるトラウベでなく、双耳形であったようです。トラウベについてはこちらを参照してください。
幕末医学事情
さらに
ワトソンはキャビアを食べると蕁麻疹が出る
ちなみに「ガリレオ」湯川学は子供と話すと蕁麻疹が出ますね。
老婆が空家でカナリアを飼育している
カナリアをはじめとする小鳥の毒ガス検知能力を活かしたものですが、我が国でもそんな事件が過去にあったので、ご存知の方も多いでしょう。
マイクロフトとの対面
『ギリシャ語通訳』以来ということなので、あの事件の後という設定なのでしょう。ちなみに、ホームズが例のライヘンバッハの後、しばらく姿を隠していて、その間雪男探しをしていたという点にも言及されています。しかしマイクロフトは、改めて策士であると実感です。彼の方がモリアーティに近いかも。
「3つの箱」が収められたスコットランドの墓地には、流石にケルト十字のお墓があります。
バラドン氏の遺体の指輪が変色していたことから、塩素ガスが彼の死に絡んでいることをホームズが見抜きます。また、子供たちが墓地にやって来ますが、彼らは子供でなく小人の軽業師でした。ホームズ、ワトソンそしてバラドン夫人は、塩素ガス発生を伴う何かの実験に彼らが利用されていたことを知ります。
ワトソンが「ネッシー」を発見しますが、もちろんこれは単なる恐竜ではなく、潜水艦でした。しかもその潜水艦のお披露目にビクトリア女王の臨席を賜るわけですが、女王は潜水艦など卑怯な兵器はとんでもないと早々に立ち去ってしまいます。「『ハートの7』あらすじ」で書いていますが、19世紀から20世紀にかけて潜水艦の開発が各国で相次ぎ、実は日本も第一型潜水艦というのを作っています。

ちなみに、バラドン氏が仕事をしていたとされるヨナ商会は、旧約聖書のヨナ書にちなんでいます。この中でヨナは大魚に呑み込まれ、3日3晩その中で過ごすわけで、正に潜水艦中の生活と呼応するものがあります。また、バラドン夫人は実はドイツのスパイ、イルザ・フォン・ホフマンスタールで、途中何度かパラソルを開閉することで、仲間である例の修道士に信号を送っていたわけです。ちなみにホームズが「イルザ・ホフマンスタール」と口にして、彼女が「フォン・ホフマンスタール」と訂正していますね。フォンがつくと一応は名家なわけですから。
そのイルザは、日本行きを蹴ってまでこの仕事を引き受けたわけですが、その後結局日本に潜入したがスパイであることがばれ、銃殺刑に処されたということになっています。どのような任務かは無論不明ですが、この作品の舞台が1887年であることを考えると、恐らくは日清戦争を前にした、東アジアを巡る列強の動きに噛んでいたのでしょう。

街燈
スポンサーサイト



[ 2015/08/08 23:30 ] 映画 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud