FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  『はたらく細胞』

『はたらく細胞』

実は、読みかつ観ております。

今のところ本編とBLACKを読んだきりなので、そろそろBLACK以外のスピンオフに行こうかと考えています。このスピンオフにも
はたらく細菌
はたらかない細胞
はたらく細胞フレンド
はたらく血小板ちゃん
はたらく細胞BABY
はたらく細胞LADY
はたらく細胞WHITE
などなどあるため、どれから読み始めるか迷っています。まず『はたらかない細胞』か『フレンド』から行きますか。

キャラの中で血小板ちゃんが人気ではありますが、個人的には乳酸菌も萌えキャラだと思います。あの造形も可愛いし、言葉を「にゅー」としか発しないところ、4色の菌がいるところなどなど。確かこれ、一般細胞が偶然見つけたところついて来てしまい、部屋にこっそり匿っていたら、白血球に見つかるという展開になっていました。何だかんだで、一般細胞も結構活躍していますね。

あと、ナイーブT細胞のキャラ、これもなかなか印象的でした。と言うか、エフェクターになった時とのギャップがあり過ぎでしょう。
それから同じ免疫関連でありながら、凄腕のお姐さん的NK細胞と、メイドスタイルのマクロファージの第一印象が正反対なのも興味を惹かれています。マクロファージは育児と教育の担当でもあるから、見た目ああいう雰囲気と思われますが、その外見と、いざ外敵を殺す時のギャップがまたいいです、キラーT細胞と白血球は似たようなところがありますが。というかあの白血球、主人公の赤血球が子供の頃助けてあげようとした、あの子が成長した姿ではないかとやはり思います。

医学監修の面でもしっかりしていると言われているようで、実際読んでいても読みごたえはあります。一部のウイルスや菌はなかなかグロテスク(で、しかも特徴をとらえている)だし、免疫を描く以上、血しぶきが飛び散るアクションシーンも多いのですが、個人的に全くそういう描写は気にならないし、寧ろそれが醍醐味だと思って楽しんでいます。


飲み物-白いカップの紅茶
スポンサーサイト



[ 2021/03/22 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud