fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  承認欲求について少々

承認欲求について少々

少し前に見たとあるブログ記事について書きたいと思います。
たまたま行き当たった記事なのですが、人間の承認欲求について面白い考察がなされていました。所謂雑学と言うか蘊蓄を傾けたがる人の多くは、承認欲求が基になっているのではないかという推測です。

元々この承認欲求というのは、人間が基本的に持ち合わせているものです。いくつかの種類に分かれており、この場合は主に、第三者から注目されたいとか名声がほしい、尊敬されたいといった他者承認欲求のことです。その記事中では、ある中年のタレントさんの言動が、

色々なことを知っている、その人自身を評価されたいために知識を得ている

といった形で結論付けられており、正直言って私も似たようなものを感じました。無論その人にしてみれば、純粋に自分が関心があるから知識を得たいとも考えられますし、また本人はそう乗り気でなくても、それを売り物にしようという事務所の方針であるのかも知れません。

しかしどう考えても、ある一定の場に於いて、直接関係なさそうなことをいわばひけらかすのは、やはり一種の承認欲求ではないかと思われます。こういったことが結局は、TVを観る時の判断基準ともなりかねません。ちなみに私はその人は、嫌いというわけではないけれど、取り立てて好きというわけでもありません。
無論そのタレントさんだけでなく、あるいは一般人であっても、自分の知識や経験をここぞとばかりに喋ったり、その人に向けた質問に対し、待ってましたとばかりに滔々と意見を述べたりするのもまた同じかと思います。こういう例え方をするのは何ですが、「愚者は語り、賢者は黙る」という言葉を思い起こしてしまいます。

確かにインプットしたことをアウトプットするのは楽しい、これはブログを書いているからわかります。しかしそこまで関心があるのであれば、自分の趣味の領域にとどめておいて、あまり仕事に持ち込んだり、部外者に殊更に披露しまくったりはしないのではないでしょうか。
その人に取っては最大の関心事であったとしても、興味のない者から見れば、どうでもいいことなどいくらでもあるのです。選択の自由がない状況で、それを否応なしに聞かされるのは何とも鬱陶しいものです。

これで思い出すのは、かつて上司だった人です。その人は仕事中に、自分の知っているあれやこれやを何かといえば口にして、皆が関心を寄せるのを期待していました。正直な話、こちらが既に知っているようなことでも、あたかも知っているのは自分のみといった口調で話されるのには、辟易したこともあります。

それでも上司だから一応は聞いてはあげるのですが、我が意を得たりということなのか、それに気をよくして、次から次へと何々はどうで…と講釈を垂れられるのには参りました。今にして思えば、その人もまた承認欲求に囚われた人だったのかも知れません。

飲み物-コーヒーとチョコレート
スポンサーサイト



[ 2021/03/16 00:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud