fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『青天を衝け』第3回に関して

『青天を衝け』第3回に関して

では第3回について。今回は家康公が日本にやって来た外国人について紹介。その後、ペリー来航のシーンとなります。これがその後の日本に様々な影響を及ぼすのですが、時の将軍家慶は病臥しており、殆ど何もなさぬまま世を去ります。後継者には慶喜をと家慶は考えていました。ところが慶喜は、自分にその気はないと突っぱねます。

一方栄一はすくも(固形化される前の藍玉)作りを始めます。その後商いで江戸にも出、街中で平岡円四郎を目にしますが、この時はこの人物との、後々の縁など知る由もありません。縁と言えば忘れてはならない人物がいました。栄一が子供の頃見た高島秋帆です。この秋帆もペリーの来航により、大きく運命が変わった人物でした。

今や堂々と馬を進めて行く秋帆は、道端に平伏する栄一を目にします。この辺り『西郷どん』で、成長した吉之助を殿である斉彬が目にするのといくらかダブります。あと慶喜が将軍職を拒むところも、『西郷どん』を思わせるものがあります-「父はおらぬ」と言うあのシーンですね。尤もこの慶喜は、その前に「ヒー様」としてお忍びで磯田屋に通っていた点が、かなり違ってはいますが。

栄一は藍が病虫害に遭ったため父が上州へ行っている間、自身も信州へ買付けに行くなどして、次第に一人前となって行きます。その頃江戸ではペリー来航で大騒ぎ、さらに徳川(水戸)斉昭は隠居生活から、海防参与となっています。これを聞いてご老公こと斉昭は、「快なり」と叫びますが、どうもあの「心配ご無用」を思い出します。

しかし、やはり幕府の描かれ方がかなり急ピッチです。12月までに終わらせる、しかもその時は明治半ばくらいまでの設定である以上仕方ないのですが、とにかく年表に沿って描いているような印象を受けます。藤田東湖が出て来るのは如何にも水戸らしいし、斉昭も「尊攘」と揮毫したりはしているのですが、水戸学がどのような形で、この時代に影響を与えたか、それがやや足りないと言えば足りないかなとは思います。

衣装とかセットなどはそこそこ幕末らしさを感じさせますし、あまりオーバーな演出もそうない分、この点がやはり気になっています。あと栄一たちが「この国を」云々と語っていますが、この当時そういう意識は彼らの中に浸透していたのでしょうか。

飲み物-エールと暖炉の火
スポンサーサイト



[ 2021/03/07 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud