FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河ドラマと放送日程そしてネットの意見

大河ドラマと放送日程そしてネットの意見

次期大河ドラマ『青天を衝け』のガイドブックが、1月29日に発売となるそうです。今までもそうでしたが、大体放送開始日から、半月ほど前と考えておくといいでしょう。ところで気の早い話ではありますが、来年の『鎌倉殿の13人』、1月1日が日曜日だから、8日の放送開始となるのでしょうね。

しかしかつては、1月1日から放送を始めた作品もあります。1967年の『三姉妹』と、1989年の『春日局』です。そこまで早々と放送する必要があったのかと思いますが、1967年当時であれば52回放送、つまり1年をフルに使っての放送であったため、元旦から放送を開始したとしても納得できます。

『春日局』に関しては、放送開始の6日後に昭和天皇崩御で、翌日まで通常の番組の放送がなかったため1回放送休止となり、結果的にはこの日程でうまく収まったようです。ただその11年前の『黄金の日日』や、5年前の『山河燃ゆ』は、1月1日の日曜日を避けて、8日からの放送になっています。

ところで先日、昔の(ネットのない時代の)大河も、それなりにクレームは来ていたのではないかと書いています。無論この場合はNHKに手紙(または葉書)を出すか、電話する、あるいは新聞に投書する位しか方法はなかったと思われるため、様々な意見を一度に目にする機会はなかったと言っていいでしょう。

それに比べると、今の時代は大河への賛否両論をネット上の様々な場所で目にできるわけです。無論賛同または批判のエコーチェンバーが起こることもあります。また一昨年の『いだてん』で、視聴率の割にツイート数が多かった、いわば「でんでん現象」であったと某スポーツ紙が書いていましたが、このようなことも起こりうるわけです。

ツイートに関して言えば、大河関係が世界のトレンドに入ったなどということもあります。と言うか、総集編が放送される日本の午後の時間帯だと、ヨーロッパは早朝、アメリカは深夜です。それを考えると、ある程度の数であれば世界トレンド入りもありえますし、だからその大河の人気が絶大であるとは、一概に言えないかとも思いますが…。

それはさておき、他人の意見を殆ど目にできなかった、家族や仲間内で評価または批判することしかできなかった時代に比べると、ネット上の声を目の当たりにできるのは、まだしも恵まれていると言えます。こういうのは、NHKの関係者も目を通しているのでしょうか。その人たちに取って批判的意見というのは、どのように映っているのでしょうね。無論、批判的なメールもまたしかりです。

しかし『青天を衝け』のサイトにやはりどうも馴染めません。メールを送っておこうと思いますが、今からの変更というのは恐らくないでしょう。あと『麒麟がくる』のインスタ、やはりというか画像数が少ないです。中止の影響はあったにせよ、楽屋でのシーンなどをアップするという手もあったはずです。いくら何でも放送があと5回の時点で、画像17点というのは何ともしょぼいです。『青天を衝け』のインスタがこうならないことを願っています。

飲み物-冬のティータイム
スポンサーサイト



[ 2021/01/07 18:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud