FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  紅白は続けるべきなのか

紅白は続けるべきなのか

NHKで紅白の見どころなる番組をやっていました。毎年恒例といえばそうなのですが、言うなればこれは番宣です。それにゲスト(出場者)を呼んで、1時間15分弱もの時間を割けるのですから、贅沢といえば贅沢かも知れません。しかし紅白、先日もこの番組について書きましたが、これも大河や朝ドラと同じで、段々視聴率も落ちて来て、そこまで必要か?と思うようになっています。TVの視聴者層は年齢が上がるにつれて高くなっていますが、その一方でネットに慣れた若い層の視聴は少なくなっており、TVそのものに何となく限界が見え始めているようです。

昔の紅白はかなりの視聴率を誇っていました。これも大河と同じで、裏番組が弱かったせいとも考えられます。一時期は80パーセントもあり、80年代前半までは60パーセントから70パーセント台で、1980年代後半からは50パーセント台となります。その後1部と2部とに分かれますが、2000年代に入ると、1部よりは視聴率がいいはずの2部でも40パーセント台になり、昨年はついに、2部で最低視聴率の37.3パーセントを記録しました。そもそも紅白に分かれて、どっちが優勝したかしないかなどというのはやめて、例えば火曜日の『うたコン』の、拡大版のような形でもいいかとは思うのですが。

イラネッチケーの問題でNHKが敗訴したことを考えると、受信料自体に疑問が持たれても仕方はありません。かてて加えて、地上波でやっていない番組とかスポーツ中継なども多いわけですし、そういう番組を観たくて有料チャンネルに加入する人もまた多いわけで、その意味では地上波局の存在意義も問われかねません。特にNHKの場合、その点と受信料との両方を考え、今後の在り方を視聴者に公表するべきなのですが、どうも決まりきった文句を繰り返すのみで、一体どうなっているのかと思います。ちなみに今年の紅白ですが、放送時間の大部分は、昨年同様、『孤独のグルメ』の大晦日スペシャルを観ることになりそうです。

飲み物ーホットワインとくるみ
スポンサーサイト



[ 2020/12/29 23:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud