fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ドラマ  >  ガリレオ >  『ガリレオ』第2シリーズ「攪乱(みだ)す」

『ガリレオ』第2シリーズ「攪乱(みだ)す」

『ガリレオ』第2シリーズの第9話です。この会では「悪魔の手」なる人物が湯川の研究室に、科学者対決と称して、PCで打った謎の手紙を送りつけて来ます。そして波動実験をやっていた湯川と栗林の元に岸谷美砂が現れ、警察にも同じ物が来たとファイルを見せます。また、何者かのリークにより、「T大学のY准教授」が警察に協力しているとの記事が週刊誌に載り、他のマスコミも騒ぎますが、湯川はあっさりと、いつもの持論である「自分の仮説を実証することに興味があるだけ」といってのけます。

この「T大学のY准教」なる表現は手紙にも使われていました。そして「悪魔の手」は、まず窓ガラスの清掃職人を高所から転落死させ、帰宅途中のサラリーマンを遮断機の下りた踏切の中に誘導します。しかもこの2つの事件には共通点がありました。まず、犯行後数日して、それに言及した手紙が来ていること、そして、その手紙の裏に印刷されたアドレスの掲示板に、犯行声明と思しき書き込みがあることでした。1つは映画の公式サイト、もう1つはプロ野球チームのファンサイトでした。

岸谷は湯川に恨みを持つ科学者の犯行と推理し、栗林も怪しいのではとにらみますが、栗林は「湯川先生大好きだよ!」と叫び、瞬間妙な空気が漂った後あわてて、「男性として」と付け足します。しかし、実はこの栗林は、本人は意識しないながら、大きなカギを握っていました。実は彼は、かつて科学者であったものの、今は妻と細々と暮らしている、高藤という高齢者向けカルチャースクールの講師と知り合いでした。妻と2人暮らしのようですが、栗林が2度高藤の部屋を訪れて酒を飲んだ時は、彼女はいずれも不在でした。

しかし一方で高藤は、寝室の壁一面に湯川の記事を貼り、しかも写真の顔の部分を悉くドライバーで突いていました。高藤はその10年前、ある学会で自分の理論を湯川に否定されたことから私怨を持つようになっていたのです。一方「悪魔の手」はその後、暗号化した手紙を解読表付きで送りつけるようになり、しかも警察に記者会見を要請します。そして湯川は行動に出ました。まず学生に「自殺」「2人目」といったキーワードでネットの書き込みを調べさせ、あるアイドルユニットのサイトに当該の物を見つけます。

それを手掛かりに、湯川と岸谷は犯行後の手紙が送られてこなかった事件、つまり被害者が助かった事件を探し当て、その女性の発言から、車を運転していて、平衡感覚を失ったことを聞き出します。その後、湯川にしては珍しくニュース番組に出演し、「悪魔の手」を否定しますが、それを観ていた高藤は如何にも不機嫌そうでした。さらに湯川は、葉山キャンパスで講義を行うことを大学のサイトに掲載します。

当日、湯川は栗林の運転する車で葉山に向かいますが、ある車につけられていることに気が付きます。その車の主は、あの高藤でした。高藤はある装置を動かし、栗林は一瞬平衡感覚を失うものの、湯川がヘッドフォンをつけさせることで元に戻ります。その後湯川の通報で、高藤は覆面パトカーに包囲されます。この葉山行きは、湯川の仕組んだ罠でした。TVに出演し、葉山で講義を行うことで高藤をおびきよせる、いわば陽動作戦に出ます。

高藤は「悪魔の手」のみならず、自分の妻、実は戸籍を入れていない同居人も殺害して山中に埋めていました。これに関して高藤は「湯川が殺した」と話します。実際は、生活のことで彼女と口論になって、殺してしまったというわけですが、何かにつけ外的要因に理由を求める人物ともいえます。ちなみに栗林、ひいては高藤に命を狙われた人々が平衡感覚を失ったのは、高藤が、かつてアフガニスタンやイラクでも用いられた音響兵器を使ったためでした。しかし栗林の場合は、ヘッドフォンを使って微弱な電流を流すことで、感覚が元に戻ったわけです。

しかしこれを観ていると
  • ホームズVSモリアーティ
  • 『恐怖の谷』の暗号
この2つをどうしても思い出します。あるいは、他にもホームズ物と関連する部分はあるかもしれません。

飲み物-ウイスキーグラス
スポンサーサイト



[ 2015/08/02 00:38 ] ドラマ ガリレオ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud