fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『国盗り物語に見る明智光秀』番外編と大河に原作があった頃

『国盗り物語に見る明智光秀』番外編と大河に原作があった頃

「『国盗り物語』に見る明智光秀」を折に触れて投稿していますが、ほぼ3分の2程度が終わったところです。尤も、美濃に於ける光秀についてはほぼ触れておらず、牢人としての光秀の諸国放浪から始めています。明智光秀を描くに当たって最も大事なのが、この諸国放浪であろうと思います。

『麒麟がくる』を大河化するに当たって、なぜ医者としての光秀を描かなかったのか、これは未だに疑問に感じています。無論制作統括や脚本家が、それをよしとしなかったからなのでしょうが、せっかく、今までと異なる光秀を描くチャンスではあったのですが…。しかも越前で医者をやっていたという設定なら、東庵も駒もうまく絡ませられ、この2人が殊更に出張るようなこともなかったでしょう。

さらに『国盗り物語』では、この放浪時代に朝倉家の食客となり、足利義昭を脱出させたことが、彼の出世の糸口となっています。無論創作ですが、こういった創作ならストーリーを面白くする効果がありますし、光秀が自力で自分の道を切り開いたこと、弥平次光春が相談相手であること、織田家に仕官するいきさつなどが見えて来るわけです。本人の記録がないというデメリットを、うまく逆手に取っているなと思います。

これからは徐々に信長、そして秀吉との軋轢が表面化し、また義昭が、無謀にも信長包囲網を敷いたことで追放されてしまう様子が描かれています。光秀も次第に信長との考えの相違、さらには信長の下にいることの重苦しさ、情け容赦のないやり方にわが身の危険を感じるようになって行きます。彼自身が秀吉のように立ち回れていたら、また別の道が開けたのでしょうが、如何せんそのようなことができる人物ではなく、寧ろそういう立ち回り方を軽蔑する人物だったことが、彼の将来を決定づけたとも言えます。

ところで先日、『春の坂道』という大河で、作者の山岡荘八氏が主演を指名したこと、しかし作家がこういうことに関与するのが、いいとは思わないと言ったことを書いています。正直越権行為ではないでしょうか。恐らくその当時の大河の原作者の力は、かなり強かったのではないかと思われます。これは他のドラマでも似たようなものだったかもしれません。しかし当時は天下の大河ドラマであり、それに原作が使われるのは光栄であること、もっと言えば、この原作あってこその大河というのが、作家の方にも自負としてあったのでしょう。

前出『国盗り物語』も含め、1970年代が終わるまでは大河の原作は存在し続けました。80年代に入ってから、脚本のみの作品も登場し、2000年以降は、2005年から2009年の時期を除けば、原作があったのは『武蔵 MUSASHI』と『西郷どん』位です。大河の原作が必ずしも必要でなくなった理由は様々ですが、書籍の売り上げの推移もあるでしょうし、原作のベースとなる史実が古すぎ、発表される新説との間に、齟齬が生じて来たことも挙げられるでしょう。

飲み物ーホットワイン
スポンサーサイト



[ 2020/11/30 00:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud