fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『国盗り物語』に見る明智光秀 29

『国盗り物語』に見る明智光秀 29

お慶を得た足利義昭ですが、自分に幕府を開かせない信長に、次第に不満を募らせるようになります。そして義昭は閨の中で、信玄や謙信などは信長より強く、しかも将軍を心から尊敬していると言い、しかも強い犬=武将も弱い犬もいて、どの犬を引っ張って来るかは自分次第であると大言壮語します。しかし義昭の言葉は、どこか泣き言のようでもありました。その信長は、将軍館ができあがると、伊勢攻略のためすぐ戻ると言い出します。義昭は都の花は済んだが、葉桜もひとしおと言うのにと信長を引き止めますが、信長は風流を楽しむために上洛したわけではありませんでした。

何だかんだ言いつつ信長を当てにしている義昭は、信長を門前まで見送るという、将軍としては異例の行動に出ます。また何事か起こりはしないかと、不安でたまらないのです。そういう義昭を、光秀は一種の哀しみを帯びた目で見つめます。恐らくこれと似た気持ちを持ちうる人物は、他には細川藤孝位でした。自分たちが担いだ義昭という将軍は、あまりにも頼りない存在に映ったでしょう。

一方で信長が京を去る時、京都守護職を残しておく必要があり、それには当然光秀がなるのであろうと、公卿や幕臣たちは噂していました。実際光秀は文武両道にひいでており、それが京の人々に受け入れられているため、こういう光秀待望論が出て来ても不思議ではなかったのです。信長も自分の家臣への期待は喜ばしいことでしたが、元々信長は光秀のような人物を好まず、
「からりとした性格の、粗野ながらも実直で律儀な武辺者」
を好んでいました。

光秀はこのことについて、義昭に口添えして貰うつもりでした。信長はそれを義昭の口から聞き、さらには朝廷からも、王城守護の任に堪えうる者をとどめるように言われており、確かに光秀はこの場合適材ではあるものの、一方で、あまりに京の人々に愛され過ぎており、これはリスクが大きいと言えました。かつて源義経が朝廷に愛され過ぎ、鎌倉幕府と対立した例もあったことから、いっそのこと光秀とは違ったタイプの人物を置く予定で、その人物は既に信長の意中にありました。

信長はまず朝廷にその人物の名を知らせ、ついで義昭にも代官を決めたことを伝えます。その人物の名は
「木下藤吉郎秀吉」
でした。氏も素性も知れぬと不満げな義昭に、信長は、秀吉の実力を自分は知っていると言い、義昭の口を封じてしまいます。しかしこの人選は、実に意外なものではありました。仮に光秀が選ばれずとも、織田家譜代の者が選ばれていれば、それはそれで義昭も納得できるものだったのです。

もちろん光秀に取ってもこれは意外でした。無論秀吉の軍才や機略は評価していましたが、それでも自分以上のものであるとは思わず、自由闊達な性格も、光秀には好ましいものとは映らなかったのです。光秀に取ってこのような秀吉の性格は、無知かつ無教養を象徴するものでした。また秀吉の意を汲むことに長け、抜け目なく、追従を言うこともいとわない点も、光秀の目にはよからぬことと移っており、宿陣に戻ってから、弥平次に不快なことがあった旨を告げます。

第十五代室町幕府将軍、足利義昭は閨の中では大それたことを言いますが、その実何もかもを信長に頼りきっていました。皮肉なことに、光秀もその後妻のお槇にのみは、大言壮語を吐くようになります。信長の管理下でなければ動けないという点で、両名はかなり似通っています。そして義昭は信長を討とうと包囲網を築き、この人物を追い詰めようとしますが、返り討ちに遭ってしまいます。光秀に関しては、最早言うまでもないでしょう。

そして秀吉の、京都守護職への抜擢です。光秀でもなく、織田家の重臣でもない、兵卒上がりのこの人物が選ばれたことについて、義昭や他の京の人物がどれほど驚いたかは想像に難くありません。しかしこの秀吉こそ、光秀とも織田家譜代の家臣とも違う面を持ち合わせており、それゆえ信長が最も信頼する人物でもありました。しかし光秀も頭では理解しても、彼のプライドが秀吉の人選を認めるはずもなく、気が晴れぬまま宿陣に戻ります。

飲み物-ウイスキーロック
スポンサーサイト



[ 2020/11/28 23:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud