fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河と紅白に思うNHKの姿勢

大河と紅白に思うNHKの姿勢

殆ど昨日の続きのようになりますが、大河の視聴率を発表するのであれば、総合視聴率を検討するべきかと思います。これだと特にシニア層がまだ観ていることもあって、昔と互角な数字もあり、そこまで大河は落ちぶれていないという証明にもなるでしょう。無論私にしてみれば、もう大河は終わってもいいと思うし、総集編を観た限りでは、昔の大河が必ずしもずば抜けていいとは言えないようです。

無論中には素晴らしい描写もあるのですが、こういうのはありかと思われるようなシーンも見られたし、その意味では、意外と昔と今の大河は共通する部分もあるのではと思われます。それとこれは何度か書いていますが、同じ時代設定や同じような登場人物であっても、脚本もキャストもスタッフもばらばらで、一貫性を欠いています。寧ろ、これは作者が同じだから当然ですが、日曜劇場の池井戸作品の方がよほど一貫性があります。

もちろん違うキャスト、違うスタッフで描くからいいとも言えなくはありませんが、結局のところ、受信料に物を言わせて同じような作品をいくつも作ってしまった、その結果とも取れます。もう少し系統立てて作るべきではなかったのでしょうか。紅白にせよ大河にせよ、かつてTVが娯楽の中心だった時代は、それでもよかったのかも知れません。昨年ユーミンが『ノーサイド』を歌った時点で、紅白もノーサイドにならないかと思ったものですが、今年も歌合戦の形は維持したまま、無観客でやるようです。

特に無観客にしてまでやる必要はないとは思うのですが-大泉洋さんの司会は観たいとは思いますが。ならばここが節目ということで、フォーマットを大幅に変えるなり、同じ無観客であっても、いっそ嵐のラストライブをやる方がいいのではないでしょうか。この辺がやはり前例踏襲の悪しき見本と取れます。テレ東のドラマを見習ってはどうかとさえ思います。受信料と言えば、橋下徹氏が、受信料で紅白は作らなくていいと発言していたことがありました。橋下氏のすべての発言に同意はしませんが、これはうなずけます。

結局TVが勢いを持っていた時代というのは、そのコンテンツがどのようなものであれ、皆もっと興味を持って観ていたでしょうし、その一つ一つが新鮮ではあったでしょう。しかし年月が経つにつれて、それも薄らいでいき、てこ入れをしてブームを起こしてもやがて終わりが来ます。ましてネットと言う発信ツールを一般人が手に入れることによって、TVと一般の世界の間の垣根は低くなっています。TVというのは、そう特別な存在でもなくなっています。無論番組作成はプロに任せる必要はありますが、それでも他に時間を潰す手段、関心を惹く存在はいくらでもあるのです。

飲み物ーホットワインとくるみ
スポンサーサイト



[ 2020/11/26 23:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud