fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『国盗り物語』に見る明智光秀 25

『国盗り物語』に見る明智光秀 25

上洛した後も信長は多忙でした。京に平穏を取り戻すべく、まず降伏して来た松永久秀を許し、さらに三好勢を討つ必要がありました。これにより足利義栄は阿波に逃れた後に病死し、摂津を抑えていた三好一派の城は空城になります。信長はまず芥川城を和田惟政に与え、伊丹城城主伊丹親興は、元々幕府再興の意志があったため信長に付き、池田勝政は降伏しました。さらにやはり三好党に占められていた長岡の勝竜寺城は細川藤孝の物となります。光秀は勝竜寺城攻めには参加できなかったものの、藤孝が城を与えられたことを喜びます。

そして永禄11(1568)年11月18日、足利義昭は晴れて征夷大将軍となります。警備に当たっていた光秀は、喜びのあまり涙をにじませます。するとその時、向こうから木下藤吉郎秀吉がやって来て、涙をにじませている光秀を見て、からかうような微笑を浮かべます。しかし光秀はこのような時、とっさにユーモアを交えた返答ができるたちではなく、慌てて懐紙を取り出して洟をかみます。このため秀吉も向こうへ去ってしまいますが、光秀にしてみれば、秀吉にこの気持ちがわかるかという強い自負心がありました。

光秀は自分には志があり、それを持っているかどうかで人間の値打ちが決まる、しかし秀吉にはそれがないと考えていたのです。しかしその光秀よりも、何倍も喜んでいる人物がいました。それは他ならぬ足利義昭でした。義昭は信長を父と呼びますが、信長は正直、3つしか年下でない義昭からそう呼ばれることに困惑します。さらに副将軍、管領などの役職に就くように求めますが、信長は悉くそれを拒否し、領地も要らないと言います。その代わり、堺、大津、草津に代官を置きたいと申し出、義昭は欲の少ない男だと感心します。

無論これには理由があり、そもそも信長は義昭に幕府を開かせるつもりなどなく、寧ろ自分が天下を統べるつもりでいたため、幕府の要職などは無用でした。また領地にしても、戦国乱世の世の中に将軍が所有している土地などなく、この浮世離れした義昭の発想には藤孝も戸惑い気味で、信長の許へ使者に発ち、状況を説明するに至ります。信長が代官を置きたいと言ったのはこの時でしたが、なぜ草津、大津、堺であるのか光秀は思考を巡らせます。

この時光秀は、仮御所となっている本圀寺の中の塔頭で、藤孝と話し込んでいました。共に義昭を担ぎ出し、将軍にせんと奔走して来た間柄であるだけに、この大願成就を祝し合い、さらに信長の軍略と攻略の賜物であることを認めないわけには行きませんでした。ところで信長が代官を置きたいと言った3か所には、それぞれどういう意味があるのか、光秀はまず、草津は中山道と東海道の分岐点であるため、軍事上の要であることを察します。これは藤孝も同じ考えでした。しかし大津に関してはなぜなのかわかりません。

光秀は、藤孝が今まで見て来た人物の中では、群を抜いて秀抜な人物でしたが、元々直感力がすぐれず、かなり思考を重ねる癖がありました。やがて光秀はその意味を悟ったようで、大津には物と銭が集まると口にします。つまりは運上金(商品税)を取るのが目的でした。そして堺と来れば、言うまでもなく日本を代表する港町です。信長の非凡な点は、このように商業に目をつけている点で、これは他の如何なる戦国大名も持ちえない経済感覚でした。しかし藤孝は、風変わりなお人程度にしか理解していないようでした。

義昭がついに将軍となります。これは義昭本人に取ってもそうですが、光秀に取っても喜ばしいことでした。不覚にも涙する光秀に秀吉は軽口を叩こうとしますが、光秀自身がその手のやり取りができる人物ではなく、秀吉はそのまま立ち去ってしまいます。この人物は確かに志というものを持っていて、その点秀吉とは異なっていましたし、また秀才ではありましたが、この手の当意即妙の感覚に欠ける人物であり、直感力にも恵まれていなかったようです。信長はこの2点を寧ろ重宝がるところがあり、この食い違いが後の両者の軋轢につながったとも取れます。

しかし信長の戦略たるや大したもので、その点は光秀も藤孝も評価していました。その一方で、将軍となった義昭は、幕府を開こうと考えます。無論そのような考えは、信長が何としてでも阻止したいものでした。当然ながら幕府の要職も、領地も(これは最初から無理)も断り、代官を3つの都市に置くことのみを願い出ますが、義昭は信長の真意を理解しておらず、欲の少ない男よと満足気です。無論彼のこういう考えは、後年の光秀とはまた違った形で信長との確執へとつながって行きます。

飲み物-チューリップグラスのビール
スポンサーサイト



[ 2020/10/27 23:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud