FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  2020年10月ラグビー情報その2

2020年10月ラグビー情報その2

姫野和樹選手のハイランダーズ入りは前回お伝えしましたが、クレルモンの松島選手も勝利に大いに貢献しています。尚記事はすべてnikkei.comからです。

ラグビー松島、クレルモン勝利に貢献 仏1部リーグ

それから日本代表ですが、来年6月にエディンバラでブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合に臨むことが決まりました。これは日本に取っては初めての歴史的な試合となり、テストマッチの一環として行われます。

尚このライオンズについて、何度か書いたことがあります。英国及びアイルランドの代表としてプレイしている中から選ばれた選手たちが、南半球遠征用に組むスペシャルチームのことです。この遠征は4年に1度の割合で行われます。この選考で選ばれなかった選手は、それぞれの国(イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド)の代表として、ライオンズの遠征と同じ時期に日本やオセアニア、北米などにツアーを行います。1989年にスコットランドXV(正代表ではありません)が日本代表に負けた試合、2001年のウェールズ代表の対サントリー戦の黒星は、いずれも、ライオンズ遠征時と同時期に行われた日本ツアーでの出来事でした。

ラグビー日本、全英代表と初対戦 21年に英国で

また新リーグ関係でこのような記事もありました。

ラグビー日本、収入100億円可能 大河正明氏が提言

チームの法人化もひとつの案であり、それはそれで魅力的ではあるのですが、完全プロ体制に近づくほど、今回のコロナ禍のような場合に、終息を待たずして試合を行わざるを得なくなるというリスクも伴います。代表の収益をチームに分配するのは賛成で、これはもっと以前からやって然るべきでした。実際20年ほど前に、これに近い提案をした人もいます。恐らくは、代表を収益性のあるチームになかなか育てられなかったこと、また、こういうビジネス感覚を持った人が、協会内では限られていたことなどが、理由として挙げられるでしょう。

飲み物-ブラウンエール
スポンサーサイト



[ 2020/10/22 23:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud