fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河と忠臣蔵 2(元禄太平記)

大河と忠臣蔵 2(元禄太平記)

先日忠臣蔵と大河について書きましたが、その続きです。この忠臣蔵を扱った作品の一つということで、『元禄太平記』を観てみました。尤も総集編の第1巻しか観ていませんので、まずそちらの方について書いておきます。

作品自体は、柳沢保明→吉保(ここでは吉保で統一)と大石内蔵助のダブル主人公ともいえます。まず柳沢吉保ですが、舘林藩士で小納戸役を務めていたものの、将軍徳川綱吉から異例の側用人に抜擢され、出世して大老格となる一方で、大石内蔵助は赤穂藩の家老となります。この2人は若い頃、たまたま江戸の火事場で顔を合わせており、その後互に忘れ得ぬ関係となっていました。その後吉保の出世、綱吉の側室である右衛門佐の覚えがめでたいことに加えて、側室である染子も登場します。この染子は元は綱吉の側室でした。要は側室を「下賜」されたわけです。

綱吉は隠居する水戸光圀から嫌味を言われるものの、吉保の出世は順風満帆でした。綱吉も柳沢屋敷を訪れ、染子の酌を受けますが、そこで染子は、自分の子がお世継ぎの徳松に似て来たと打ち明けます。さらに懐妊した右衛門佐ですが、綱吉に冷遇されていたお伝の方の陰謀で流産させられてしまいます。そして赤穂藩主浅野内匠頭が、勅使饗応役を任されますが、一方で高家である吉良上野介は、この浅野内匠頭に何かと辛く当たります。また上野介は赤穂領を吉保に譲り、浅野家を改易することまで考えます。

この仕打ちが内匠頭にはストレスとなり、ついに上野介に対して刃傷に及びます。これにより内匠頭は切腹となりますが、上野介はお咎めなしでした。当然赤穂城も引き渡され、内蔵助は京山科で浪人暮らしを始めると同時に、今後の策を練ります。一方江戸では、内匠頭の仇を討とうとする赤穂の若い浪士たちに対し、吉保が厳重に目を光らせていました。

その江戸の市井の人々の中に、柳沢兵庫という男がいました。この人物は吉保の甥で、世直しと称して浪人暮らしをしていたのですが、当然ながら叔父である吉保とは意見が対立していました。しかしこの兵庫が、かつては反対していた赤穂の浪士たちの監視の役目を、自ら買って出ます。欲しいのは金だと言うのですが、その裏に何かありそうです。

一方吉保ですが、綱吉の母桂昌院への官位を異例の従一位にするよう要請するなど、相変わらずのやり手ぶりで、松平姓を名乗ることを許されます。その吉保は自分の病気治療という建前のもと、綱吉から許可を貰って上洛し、内蔵助の動向を探りに行きます。門前で内蔵助と再会する吉保ですが、初対面の頃と比べ、この両名の立場はあまりにも違っていました。

ざっとこういう内容ですが、やはり乱世でないため戦関係がなく、そのため殆どが会話劇となっています。無論第2巻(後編)では、討ち入りが描かれてはいます。また大奥が多少描かれていますが、やはり大奥プロパーではないためか、あの如何にもきらびやかで、しかも伏魔殿的な大奥のイメージからはちょっと遠くなっています。その中で、草笛光子さん演じるお伝の方の悪女のイメージが際立ちます。加えて、これは作品の性格上そうならざるをえないのですが、吉良上野介が如何にも老獪なイメージです。この上野介を演じているのは小沢栄太郎さんですが、雰囲気が少しばかり今の柄本明さんに似ています。

それから大河には、異色ともいえる出演者も時々います。実はあの黒柳徹子さんがこれに出ており、見かけは今とかなり違いますが、話し方ですぐわかります。内蔵助役の江守徹さんは、『国盗り物語』『勝海舟』に続いて連続3年目の大河出演です。

しかし火事場で会ったとか、柳沢吉保がお忍びで内蔵助を訪ねて来たというのはもちろん創作でしょう。火事場といえば『麒麟がくる』でも登場しました。見知らぬ同士を引き合わせるには、ああいう様々な人物が集まる場所というのは功を奏するようです。ただ、吉保が京に1人で内蔵助に会いに来て、誰もいない中そこに立っているというのは、ちょっと如何なものかとは思うのですが…。

それと前出のように戦関係がないので、いくら「松の廊下」があるとはいえ、やや平坦な印象を受けるには受けます。これも先日書いていますが、いっそ由井正雪の乱辺りから引っ張って来て、最終的に赤穂義士の討ち入りという形に持ってくれば、また違うのではないかと思います。

飲み物-ロックグラスカクテル
スポンサーサイト



[ 2020/08/31 01:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud