fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >   >  『河童』に関して思うこと-5

『河童』に関して思うこと-5

久々に『河童』関連です。(最近思うのですが、小説の解説関連投稿が増えている感あり)いよいよ硝子会社社長のゲエルの登場です。ガラス工業もまた、近代に入って躍進した産業であったわけですが、この人物、もとい河童はかなりの実力者です。ただし奥さんが荔枝のようで、子供たちが他ならぬ河童の鉱物である、胡瓜のようだという形容には笑ってしまいます。さて、このゲエルの友人たち絡みの工場を主人公は見学し、書籍製造工場の生産体制に驚きます。

この書籍製造工場は、機会に紙とインクと灰色の粉末を入れるだけで、年間七百万冊もの本が作られるわけですが、その灰色の粉末というのは、驢馬の脳髄を粉末化したものでした。こういう表現を見ると、かのエルキュール・ポワロの「灰色の脳細胞」を思い出すのですが、それはさておき。この他にも絵画関係や音楽関係でも同じような生産体制が採られており、また1か月に700から800もの機械が新案され、大量生産されていると主人公は説明を受けます。しかしそれはそれで、特許を付与するだけでも大変だと思うのですが…。

そして大量生産に伴い、多くの職工が解雇されます。実際には解雇されるなどという生易しいものではなく、彼らはすべて屠殺されて食用肉となってしまうのです。この世界には職工屠殺法なる法律があり、彼らはそのまま黙って殺されてしまうわけで、実際ゲエルが主人公に勧めたサンドイッチも、その職工の肉が挟まれていたのです。流石に主人公はそれを断り、反吐を吐きながら家へ向かうのでした。

この職工の食肉化、さらにそれを「あなたの国」、つまり日本の貧しい娘たちが売春婦となることになぞらえるのは、芥川一流のブラックジョークではあるでしょう-無論有無を言わせず食肉とするのと、売春婦とはまた意味合いが異なるには異なりますが。ブラックジョークと言えば、この1つ前のクラバックの演奏会で出て来る
「何、どの国の検閲よりも却つて進歩してゐる位ですよ。たとへば日本を御覧なさい。現につひ一月ばかり前にも、……」
と言う表現、さらにはこの章の日本の「あなたの国の」貧しい娘が売春婦になるというチャックの言葉は、この時点で比較対象が既にはっきりしているだけに、風刺というグレーゾーンの世界に立脚する表現方法とは、どこか違うのではないかとも考えられます。

実際これを書いた時、彼はかなり睡眠薬に頼るようになっており、その睡眠薬の麻薬的作用が、このような記述を可能にしたともいえます。しかしいつも思うのですが、河童独特の世界はこの職工の肉といい、驢馬の脳髄の粉末化といい、これでもかといった具合に相当グロテスクです。日本の文化を模倣したような河童の世界の、特にインテリ階級による文化とは、大いに異なるものが感じられます。

さてこの次の章では、政治や外交、戦争が登場します。

飲み物-アイスコーヒーブラック
スポンサーサイト



[ 2020/08/26 00:30 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud