FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  戦国大河考 5 半年大河と幕末大河考(追記)

戦国大河考 5 半年大河と幕末大河考(追記)

先日、NHKが戦国大河に頼り過ぎだと書いています。特にこれは所謂三英傑、織豊政権物にその傾向が強いようです。こういう部分が、視聴者によっては戦国がマンネリだと感じる一因にもなってはいるのでしょう。しかしながら、戦国時代も掘り下げればもっと色々あるし、何と言っても私としては、今まで脇役に甘んじている島津、最上は描いてほしいところです。

以前、戦国大河放送年に目にしたツイートで、徳川家康ばかり何度も見て面白くないというのがありました。無論そう思う人も少なからずいるでしょう。ただ徳川家康を戦国大河から外した場合、舞台ががらりと変わるため、今までその名を目にしたこともないような人物、全く知らない合戦が出て来るわけです。問題は、それを受け入れられるかどうかでしょう。実際これは『毛利元就』で、それに似たような雰囲気があったのではと思われます。

確かに織豊政権物はストーリーが作りやすいし、皆が知っている部分は多いです。見方を変えれば、この時代の大河を多く作ったからこそ、皆が知るところになったと言うこともできます。その反面いくらかテンプレ化しやすく、かつ無難な印象になりやすいというデメリットもあります。そのため全く同じとまでは行かなくても、どこか他の大河と似たようなストーリー展開になってしまうことも考えられます。だからこそ、多少違った側面を入れた方がいいのではないかと思う次第です。

この点、『軍師官兵衛』の九州平定は比較的新鮮に映りましたし、また『風林火山』の信濃の描写なども、織豊政権物にない魅力がありました。『おんな城主 直虎』も、今川氏真をもっと前面に出していれば、また従来の織豊政権物とは違っていたかと思います。しかし本当に、前出の最上や島津といった大名同様、今川氏もまだ主役になれていませんね。

ところで私は戦国物も観ますが、結構幕末物が好きです。こちらはまた戦国物にない魅力があります。無論この時代は現代にも直結している部分が少なからずあり、そのため戦国ほどフィクションを入れられないところはあります。また幕末の期間は短く、明治維新を合わせても30年から40年ほどで、戦国時代ほど長きにわたっているわけではありません。その部分もドラマ化しにくい一因なのかと思われます。

しかしこちらもやはり、掘れば大河の主人公の原石は出て来るものです。それを考えれば、『青天を衝け』が若い時メインというのももったいない話ではあります。渋沢栄一の生涯をきちんと描けば、それはそれで、幕末よりも明治、大正に重点を置いた主人公の一例となったのでしょうが。それとはまた別の話ですが、もうあの蛍光色の衣裳は出さないでほしいものです。江戸時代だからそれはないと思いますが、まずあの色で、今年の大河への期待が大きく損なわれました。

飲み物-パブのビール3杯
スポンサーサイト



[ 2020/07/15 00:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud