fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『国盗り物語』に見る明智光秀 8

『国盗り物語』に見る明智光秀 8

覚慶を将軍に立てるには協力者が必要でした。光秀と藤孝は奈良の油坂にある、茶道具を扱う鎌倉屋の主柏斎に協力を求めます。奈良では顔の広い柏斎は快く応じ、三好や松永の監視を潜り抜けて一乗院へ入るべく、賄賂なども使って覚慶に会い、黒釉の小壺(肩衝)を献上します。実はその中には紙切れが入っており、藤孝の字で脱出を促す文章が書かれていました。しかも柏斎は、脱出の一手段として仮病を使い、医師を招き入れることを勧めます。覚慶は、自分に新たな運命をもたらしたこの小壺に鎌倉黒と命名しますが、かつて流人だった源頼朝に自らを重ね合わせたようです。

しかし他の協力者、特に幕臣たちはこの提案に乗り気ではありませんでした。唯一奈良にやって来たのは、義輝の小姓だった一色藤長で、脱出後の覚慶を、甲賀の和田惟政に匿って貰うよう藤孝が提案します。藤長は早速甲賀に旅立って約束を取り付け、更に京の医師米田求政にも連絡がつきます。この米田は法眼であり、門跡を診るにはふさわしい人物でした。光秀は無官であり、別室で控えるのがならわしですが、特別に薬箱持ちとして、覚慶の寝所に入ることが許されました。

光秀が米田の供をし、覚慶の診察をして帰って行く、これが4日間続きます。そして5日目、いよいよ決行の日がやって来ます。米田も覚慶にそのことを伝え、まずは手筈通りに全快祝いとして、警備の武士たち(三好・松永の兵)に酒を振る舞い、彼らが眠り込んでしまったのを見計らって、米田と共に3人で塀を乗り越えて脱出します。無論覚慶はこういうことに慣れておらず、光秀が背負って夜道を駆け、二月堂で無事藤孝そして藤長と落ち合います。

今度は藤孝が覚慶を背負いますが、三好・松永の兵も感づいたらしく、松明を持った騎馬軍団が彼らを追跡しているのがわかります。朝倉家の客分で、実質的には牢人である光秀に取って、功名を挙げるまたとない機会であり、自分一人で斬り防ぐことにします。まず銃卒を斬って鉄砲や火縄、弾袋などを奪い、それで銃卒たちの前を行く将校を倒します。さらに松林に入って動き回ることで、自分一人ではなく、5人か6人はいると相手に錯覚させてから、3丁の銃をうまく使い分けて、相手の騎馬武者を打ち倒します。

これにより、相手には混乱が生じます。光秀はその隙を見計らって、恐らく乗り手を失って駆けて来た馬にそのまま乗り、山城の木津に入ります。そこで寺に入って庫裡で粥を食べ、しばし睡眠をとりますが、どうやら僧が訴え出たらしく、周囲に人の気配がします。光秀は寝入っているように見せかけて、周りにいる5人の武士の1人を斬り、恐らく彼らがつないでいた馬に乗り、日暮れになって加茂に入り、馬を川に落とした後なおも歩き、崖をよじ登り、樹海を進んで3日目に信楽に入って、一軒の百姓家を訪ねます。

ここで光秀は財布の銭を見せて食物を分けて貰います。百姓家の主によれば、その地は多羅尾四郎兵衛尉の支配する集落でした。この多羅尾家は古い家柄で、光秀はその屋敷へ向かい、四郎兵衛尉は光秀の諸国の話に耳を傾け、しかも元々丁寧であった言葉遣いがさらに丁寧になり、驚くべきことに周暠の暗殺まで、光秀以上に詳しく知っていました。所謂甲賀衆の、将軍の信頼の篤さは有名でしたが、かつて将軍義尚を夜襲した鈎ノ陣の際には、それとは反対であったと四郎兵衛尉は答えます。また四郎兵衛尉は、覚慶の話題を持ち出します。

光秀はそれとなく話題を変え、詩歌管弦の話をしますが、四郎兵衛尉はそちらにも詳しく、しかも将軍家を始め伝統的な権威を慕う人物でした。光秀は一晩考えた末、思い切って四郎兵衛尉に事実を打ち明けます。無論これは内密のことでした。尚多羅尾氏はこれがもとで織田家に仕え、秀吉にも仕えることになります。秀次事件に絡んだため多くの領地を取り上げられたものの、江戸時代は徳川幕府のもとで、甲賀郡の代官を務めています。

さて覚慶を連れ出したものの、三好と松永の兵が自分たちを追っていることがわかり、光秀は単独で何ともアクロバティックな戦いを披露します。その後甲賀までを馬と徒歩で逃亡し、今度は多羅尾疲労兵衛尉に出会います。尚米田求政の「法眼」という官職ですが、元々は僧に与えられたもので、最高位の法印の次の位です。また自分一人で斬り防ぐと申し出た時、ふと信長の桶狭間も、一か八かの正念場であっただろうと思いを巡らします。何やら、常に信長と自分を比較したがる、あるいはそうせざるを得ない人物のようにも取れます。

飲み物ーアイスカフェオレ
スポンサーサイト



[ 2020/06/25 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud