fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  北条義時そして渋沢栄一

北条義時そして渋沢栄一

そろそろ北条義時関連本が気になります。しかしながら、やはりまだ再来年の大河に合わせた書籍は出ていないようです。その一方で、『歴史街道』2020年5月号に、「北条義時とその時代を知るための小説10」というのがあり、こういうのを見ると、『鎌倉殿の13人』が徐々に近づきつつあるなと実感します。

加えて「鎌倉トリップ」にこの2022年大河の情報が色々アップされ、関連スポットも紹介されていますので、URLを一応貼っておきます。

【大河ドラマ】鎌倉殿の13人とは
https://kamakuratrip.com/kamakura13/

ここで紹介されている釈迦堂口の切通し、ここは確か、『ブラタモリ』にも登場していたかと思います。あと永井路子氏の『炎環』、これは私も読んだことがあります。永井氏の鎌倉期が舞台の著書と言えば、この他に『北条政子』も有名で、どちらも1979年大河『草燃える』の原作です。

しかしながら『青天を衝け』の主人公以外のキャスト、未だに発表がありません。もう6月ですから、主だったキャストは発表されてしかるべきなのですが、どのようになっているのでしょう。

一方で渋沢栄一関連本はかなり出ているようです。あと半年ですから、これからまた出て来るのではないかと思われます。それにしても来年ではなく、実際にお札の肖像が切り替わる年でいいのではとも思いますが、別の予定があるのでしょうか。

飲み物-チューリップグラスのビール
スポンサーサイト



[ 2020/06/19 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud