FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『国盗り物語』に見る明智光秀 6

『国盗り物語』に見る明智光秀 6

朝倉家に仕えることになった光秀ですが、家臣ではなく客分にしてほしいと願い出ます。客分となれば知行地はなしで、二百石にふさわしい収入のみを得る代わりに進退は自由になるため、幕府再興で上洛を目指している光秀に取っては、こちらの方が動きやすいというメリットがありました。しかし朝倉義景はこの光秀の本意に気づこうともせず、ついに光秀は家老の土佐守に、将軍家を訪れたいと言い、本意をいくらか明かすべく細川藤孝からの文を見せ、驚く土佐守に京の情勢を色々と話します。

無論この時の京は三好・松永が跋扈していたものの、将軍義輝も彼らの好き放題にはさせず、上洛して来た長尾輝虎(上杉謙信)に上杉の名跡を継がせ、関東管領に任命して、いざという時の力添えを頼んでいました。輝虎もこれに応え、三好・松永を成敗するとまで言いますが、義輝がそれを拒んだため、結局京は元の木阿弥となります。しかも越後は遠く、そのため近江あたりの者で、頼りになる人物を探そうと義輝は目論んでいました。

朝倉家の家老土佐守は乗り気になります。しかし光秀はそれに加え、将軍を軸にしたうえで、将軍の命に従わぬ大名を討てる大名のみが、統一を成しうると言い、例として織田信長を持ち出します。土佐守は、数代前はいずこの者とも知れぬ信長を軽蔑し、なればわが朝倉家こそふさわしいと主張しますが、近隣に対立している勢力や大名があり、にわかに上洛するわけにも行かず、光秀が代わってその要望を伝えることになります。

光秀はその後何度か京と越前を行き来し、将軍家と朝倉家をつなぐ大事な連絡役となっていました。無論光秀は無位無官であり、義輝に拝謁するにも、庭先に土下座する身分ではありましたが、その義輝から直参のように思うという言葉を賜り、上様の御為に身を尽くす覚悟でありますと涙にむせびつつ答えます。この時は義輝自身ではなく、細川藤孝に申し上げるという形を取っています。

また藤孝も、光秀は元々土岐源氏の出身であるため、直参と申しても差し支えないと口添えし、これによって光秀は義輝から、狩衣と飾太刀を拝領します。これによって、朝倉家における光秀は特別な存在となり、義景に対しても家老同様の発言権を持つようになります。この光秀の努力により、幕府再建も間近と思われましたが、その翌年、将軍義輝は住居の二条館で暗殺されます。

尚、この時の上杉輝虎の上洛は永禄2(1559)年の上洛です。この人物はその前、天文22(1553)年にも上洛して後奈良天皇と義輝に拝謁し、永禄2年は正親町天皇と義輝とに拝謁しています。またこの原作では永禄2年時点で輝虎となっていますが、この時は確かまだ景虎です。その2年後の永禄4年、上杉家を継いだ際に政虎と改名し、義輝の編諱を受けて輝虎と名を改めたのはさらにその後です。この永禄4年は第四次川中島の戦いがあり、その後西上野に攻め込んだ年でもありました。

飲み物-アイスコーヒー
スポンサーサイト



[ 2020/06/12 00:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud