FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  2020年6月ラグビー情報その2

2020年6月ラグビー情報その2

ラグビー関連情報です。まずは移籍関連から。日本代表でホンダヒートを退団したレメキ選手が、宗像サニックスブルースに入団です。小野選手は8シーズンぶりに古巣に戻ることになります。

サニックスにレメキと小野が加入 ラグビーTL
https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50185_V00C20A6000000/

さらに昨年のワールドカップで、ボクスの一員として優勝に貢献したマピンピ選手がNTTドコモに加入します。

ラグビー南ア代表マピンピ、NTTドコモへ 地元報道

その一方で、2023年のワールドカップの予選が発表されました。無論日程はまだ決まっていませんが、既に次の大会に向けて、確実に動き始めています。

予選エントリー数が少ないと思われそうですが、ラグビーの場合、それぞれのプールで3位までだと予選免除なので(予選を戦っても勝つチームがほぼ決まっているので)、4位と最下位のチームが予選を戦うことになります。

ラグビーW杯、予選の8枠を発表 23年仏大会

今回はオセアニア枠が1つ減り、ヨーロッパ枠が1つ増えましたが、これは昨年のプールDでフィジーが3位、ジョージアが4位であったのを踏まえたうえでのようです。

(以上nikkei.com及びNIKKEI Rugbyツイッターアカウントより)

それから岩渕専務理事のコメントです。

日本ラグビー協会・岩渕専務理事インタビュー 「世界で鍵握る存在に」
(産経ニュース)

記事中の協議再開についてですが、現在プロ野球やJリーグが再開に向けて動き出していますが、ラグビーも恐らく秋冬頃はと考えているところでしょう。ただ私としては、11月に予定されている国際試合がどうなるかを知りたいところです。また

「世界の中でどういう大会に入るかは非常に重要。いまでいうと、南半球4カ国対抗と(北半球の)欧州6カ国対抗があるが、今回のW杯、あるいはいまの感染症の問題を通して、世界のカレンダーが大きく動こうとしており、その構図がこの先ずっと続くとはかぎらない」

とありますが、感染症の問題を考えてみると、移動の少なさというのが重要視される可能性も出て来るでしょう。時差の少ない国同士での再編を目指す狙いがやはりあるのでしょうか。こうなると南アとヨーロッパの提携がますます現実味を帯びて来ます。

飲み物-パブのビール3杯
スポンサーサイト



[ 2020/06/10 00:45 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud