FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  麒麟がくる >  『麒麟がくる』雑考17

『麒麟がくる』雑考17

先日あらすじと感想を投稿したこともあり、再度雑考を投稿しておきます。今回は人物関係が中心ですが、その前に寺子屋、私塾について少し。

光秀が寺子屋のような場所で、子供たちに四書五経を教えていますが、この時代の寺子屋は僧侶が教えるもので、牢(浪)人が対面式で教えるのは、江戸時代になってからの寺子屋、ひいては松下村塾のような私塾のイメージがあります-尤も江戸時代の寺子屋は読み書きそろばんが中心で、四書五経は藩校の方で主に講義されていますが、寺子屋でも教えられていました。ちなみに上が『麒麟がくる』の「寺子屋」、下が『花神』の松下村塾(右端が吉田松陰を演じる篠田三郎さん)です。
(録画及びDVDシリーズより)

麒麟がくる寺子屋

花神松下村塾

何となく両者の雰囲気が似ていますが、戦国時代にこの形式のは果たしてあったのでしょうか。ただ長谷川さんは細身で学者的なので、この様子は一応様になります。尚授業内容は、松下村塾の方が後の時代である分内容は幅広く、互いに討論する方式で、やってくる生徒の年代も様々でした。

では人物関係です。元康が於大の手紙を読むシーンですが、ちょっと不思議に思うところがあります。実はこの時、元康は既に瀬名(築山殿)と結婚しています。これは『直虎』で観たことのある人も多いでしょう。当然この瀬名は今川の縁者です。自分が寝返ることで、妻がどのような目に遭うのか、それで多少悩むシーンがあってもよかったかとは思います。
実際は寝返ってはいなかったにせよ、義元の討伐後岡崎城に戻ったことで、瀬名の父親は自害し、本人も石川数正(『直虎』では次郎法師も)の尽力によって何とか難を逃れたのであれば、寝返りによるリスクはそれ以上でしょう。それに岡崎に帰ったのは今川と決別するためではなく、織田との戦に備えるためだったという説もあり、これに従うと、本来は今川の将としての責務を全うしたかったのではないかとも思われて来ます。

それから宇野市兵なる人物が、光秀の鉄砲をほめています。この人物ですが、生憎どのような人物であるかはよくわかりません。ただ朝倉家の家臣に、宇野姓の人物が見受けられます。この人は朝倉宗滴の後見を受けた四代目当主、朝倉孝景の時代の人で、名を宇野久重と言います。家中では勇将として名高く、印牧(かねまき)広次の子、景久を養子にしています。しかしそれ以外で、宇野姓の人物は生憎見当たりません。一方印牧家に目を転じれば、ここは元々は越前の名家で、信長と同時代の人物に印牧能信という人がいます。刀禰坂の戦いで信長軍に捕らえられ、助命されようとするものの、最終的には自刃した人物です。

そして簗田政綱。信長の奇襲に同意し、今川義元の本陣の場所を教えたことで有名な人物です。ただしその判断がどこから出たかについては、不明な点も多いとされています。『国盗り物語』原作ではこのようになっています。
「そのとき、信長の生涯と日本史を一変せしめた偵察報告がとどいた。
『義元殿は、ただいま田楽狭間に幔幕を張りめぐらして昼弁当をお使いなされておりまする』
というものであった。この報告をもたらした者は、沓掛村の豪族で織田信秀のころから織田家に属している梁田(ママ)四郎左衛門政綱という者であった。梁田はこの日、かれ自身の手もとから諜者を放ち敵情をさぐっていたが、そのうちの一人が田楽狭間の付近まで忍び入り、この重大な情報を得たわけである。信長は梁田にのち三千貫の領地をあたえて、その功にむくいている」
尚このすぐ後に、この場合正確には田楽狭間であって桶狭間ではないとも書かれています。また「そのとき」と言うのは、前田犬千代、後の利家が一番首を信長に見せた「その時」です。
(2020年6月16日一部加筆)

飲み物-カフェラテ2
スポンサーサイト



[ 2020/06/04 01:00 ] 大河ドラマ 麒麟がくる | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud