fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  麒麟がくる >  『麒麟がくる』雑考15

『麒麟がくる』雑考15

あらすじと感想の方で、足利義輝と三好長慶の対立があまり描かれていないことに触れています。実際のところこの人物は、中尾城の戦いや東山霊山城の戦いで三好長慶と対峙し、さらに北白川の戦いでも三好軍と戦っています。尚東山霊山城の戦い後に再び朽木へ逃げ、この時に義藤であった諱を義輝と変えています。この義輝に限らず、室町時代の後半期は将軍家は不安定な状況下にありました。
何はともあれ、三好長慶はこの後義輝と和解し、将軍の相伴衆となります。尚この相伴衆はドラマでも出て来ますし、公式サイトにもありますが、一般にはあまり馴染みのない言葉であり、諸大名の場合は、実際に側に侍るのではなく名誉職的なものです。かの武田信虎もこの1人でした。

とはいえ、ここまで何度も対立した相手同士が、そうすんなり和解するわけもなさそうです。第19回での義輝の態度は、三好長慶からのプレッシャーが半端でないことを物語っているわけですが、ならばこの両者の対立を、もっと描いてよかったかと思います。その前の回の越前行きの尺を、それに回すことはできなかったのでしょうか。
また信長が、自分が相伴衆になれば今川は手を引くかと光秀に尋ねますが、これもどうかなと思います。要は将軍はその程度のことしかできないわけですから、これは信長自身が仕切るしかないわけで、御公儀も大変なようだから、儂がやるしかあるまい位言わせていいのではないでしょうか。

この『麒麟がくる』、セリフがとにかく多く、セリフで状況を説明しているように見えると何度か書いています。しかしこの回は『軍師官兵衛』の前川氏脚本ということもあるのか、そこまでセリフが多いとは正直思いませんでした。とはいえ前出のように、義輝と三好の対立、あるいは信長の将軍への懸念などは、もう少しその背景を補うためのセリフがあってよかったかと思っています。
たとえば三好長慶が「京は上様あっての京」云々と言った後で、

義輝「そなたとも長年にわたり戦を繰り返したが、今はそれがすべて遠い昔のような気がする(冷ややかに)」
長慶「今後はお互いに手を携え、乱れた世を正したいものでございます(不敵に)」

また信長と光秀のシーンですが、

「今川は尾張に攻めて来る所存だ。最早公方様でも当てにはできぬ。儂は己でこの事態を打破するしかなかろう」

この位であってほしいと、個人的には思います。特に信長にこう言わせれば、光秀も「この男、やる気か」位には思うでしょうし。
尚その後義輝は、今川氏真と松平元康(徳川家康)の間の調停を行っています。

しかし、光秀と信長がやけに顔を合わせる大河です。このままでは光秀が幕府中興ではなく、そのまま織田家に仕えるのではないかとも思います。またこれは前にも書いていますが、桶狭間まで観戦に行くのではないかとさえ思わせます。それから光秀の寺子屋(?)ですが、この時代の寺子屋は寺に住み込み、子供たちが僧から講義を受ける形だったようです。『天地人』などにもその様子が描かれていたと思います。
実際この称念寺の門前には、光秀が住んでいたと言われていますが、さて、こういう講師のようなことをしていたのでしょうか。しかし光秀のように(史実では)剣術ができ、鉄砲にも詳しければ、それを教えるという方法もあったと思います。実際『国盗り物語』ではそうなっていますが、それはそれでちょっとしたトラブルもあったと書かれています。それにしても光秀の鉄砲熱、結局どうなったのでしょうか。あと子供云々は、煕子妊娠を示唆していますね。

それから義輝の着衣、狩衣と思われますがあれしかないのでしょうか。京へ一応は凱旋するのであれば、せめて違った物を身に着けていてもいいかと思います。側近の三淵、細川両名にも同じことが言えます。それと細川藤孝が着ている小袖、よくラッピンググッズにあるような、ぎらぎらした色遣いなのが気になります-尚、細川藤孝が信長暗殺の情報を得ていたというのは事実のようです。あと柴田勝家の衣裳も色味が強すぎて、まるでアロハシャツのように見えます。

それと駒ですが、彼女の立ち位置がどうも気になります。『太平記』の藤夜叉的存在なのでしょうが、その割には光秀に対して積極的にアピールもせず、かと言って、自分は添い遂げることはできないと割り切るようでもなさそうです。これなら、藤夜叉の方がよほど腹を括っていると思います。無論彼女は高氏の子を産み育てているため、それも心の支えとなってはいるのでしょうが。添い遂げられないなりに割り切ると言うのは、『真田丸』のきり、また戦国ではありませんが、『西郷どん』の愛加那にも似た物があります。ただ駒はこういうタイプには見えないのですね。
それと架空の人物ですが、やはり旅芸人に絞った方がいいのではないかと思います。それをすると『太平記』のコピーになってしまうのは事実ですが、移動が比較的自由で、方々の情報を手に入れられるのであれば、こちらの方がよかったのではないでしょうか。そうでなければ、戦国らしくプロの忍び(葛籠重蔵のような)を使う方法もあったかと思われます。

飲み物-カフェラテ2
スポンサーサイト



[ 2020/05/28 00:30 ] 大河ドラマ 麒麟がくる | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud