fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  令和となって1年-ドラマ再放送そしてラグビー事情

令和となって1年-ドラマ再放送そしてラグビー事情

早いもので令和改元、今の天皇陛下のご即位から1年を迎えました。しかしその当時は、1年後がこのような事態になっているとは、当然ながら思いもせず…。ところでこの状況下で春の新番組が放送できない中、再放送ドラマがかなりいい線を行っているようです。特に『JIN-仁-』はリアルタイム視聴率が10パーセントと好調で、これは恐らくリアルタイムで観ていた人に加え、新規で視聴している人もそこそこいるのでしょう。

それで思うのですが、やはり時々は過去の作品を再放送するという方法もまたありかと思います。特に大河の場合、アンコールとはまた別に昔のを放送する、またはアンコールを廃止して数年に1度再放送をするという選択肢もあっていいでしょう、そちらの方にまた面白さを見出せることもありますし。実際これは、『国盗り物語』のDVDを観て改めてそう感じました。そしてもちろん『ノーサイド・ゲーム』も観ています。

そんな中、『ラグビーマガジン』の最新号は巻頭特集に「平和になったら、ラグビーやろうぜ。」を掲げ、リーチ マイケル、田中史朗、そして廣瀬俊朗の3選手が紹介されています。あと選手会や新リーグの行方などなど、これはまた改めてご紹介したいと思います。しかしやはり、リーチ選手が表紙だと様になりますね。

ところで先日読売新聞の、渡瀬裕司氏(ジャパンエスアールCEO)のスーパーラグビーの今後についての記事をご紹介しました。その一方で、産経ニュースにも渡瀬氏の記事がアップされています。こちらはどちらかといえば、国内新リーグへのサンウルブズ加入に重点がおかれており、読売の記事にあったような、コロナウイルスのスーパーラグビーへの影響も2ページ目、あるいは3ページ目で触れられてはいますが、それのみを前面に押し出しているわけではありません。

【ラグビー通信】渡瀬CEOインタビュー サンウルブズの今後 国内新リーグ参入なら「他チームと連動」

あと日経の4月9日分にも、渡瀬氏のインタビューがありますが、生憎そちらは見ていません。一応リンクを置いておきますが、会員限定となります。こちらは内容としては読売の記事に近いようです。

「枠組み見直しは好機に」渡瀬裕司・サンウルブズCEO
(nikkei.com)

ラグビーと言えば、現トップリーグの神戸製鋼やパナソニック、サニックスに加え、トップチャレンジリーグの釜石シーウェイブスも参加を表明しています。こちらも産経ニュースより。

神戸、パナなどが参加意思 来秋のラグビー新リーグ

前出ラグマガによれば、新リーグのチーム数は25程度となっています。

飲み物-ビールと夜景
スポンサーサイト



[ 2020/05/01 23:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud