fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  藤井雄一郎氏のインタビューに見る協会の問題点 5

藤井雄一郎氏のインタビューに見る協会の問題点 5

『Number Web』の藤井代表強化委員長のインタビュー、第5回です。今回はスーパーラグビー(以下、SR-引用部分を除く)を加えたうえで、如何に3つのカテゴリーで国内外のラグビーを回して行くかです。

僕は、日本協会が明確なビジョンを打ち出すべきだと思う。これは僕の私案ですが、日本のラグビーカレンダーは日本代表、スーパーラグビー、そして国内のトップリーグあるいは今検討されている新リーグという3つのカテゴリーで回していくのがいいと思うんです。

そのうえで、藤井氏はこのように提案しています。

仮にSRに日本から3チーム出る場合、1チームのスコッドが40人とすると、3チームで120人がSRを経験できる
そこから30人ほどが代表に選出される
残り90人がトップリーグに行く、トップリーグの質も上がる
3つの掛け持ちは難しいが、2つなら大丈夫
(尚このトップリーグは、来年開幕予定の新リーグにも当てはまります)

さらに経験を積み、家族との時間を持ちたければ、SRは退いて、代表とトップリーグ(新リーグ)でプレイ、その後は代表を引退してトップリーグ(新リーグ)のみという方法も選べます。現に藤井氏は、外国出身選手で日本のトップリーグでプレイする場合は、既にSRや代表を退き、リーグ戦でプレイしたいという位置づけであったということで、今後は日本人選手もそうなって行けばいいとの由。また大学は日本ラグビーの1カテゴリーではありますが、中心となるカテゴリーはやはりこの3つになるでしょう。

一方で若手の選手はといえば

逆に、若い選手はどんどんスーパーラグビーにチャレンジしてほしい。そうすればトップリーグあるいは新リーグも活性化してレベルも価値もあがるし、スーパーラグビーも含めた選手の経験値も上がる。選択肢も増える

とのことで、SR(トップリーグ→新リーグも)若手育成のシステムを構築して行くべきでしょうし、そのためにも日本協会の決断が急がれます、今時必ずしも高校の部活→大学体育会→企業チームとはならなくなっているわけですから。またトップリーグ→新リーグのアカデミーが確立したら、SRのユース(アカデミー)と交流試合を持つのもいいでしょう。

また新リーグの立案者である清宮克幸日本協会副会長も、Rugbyぴあ~がんばれジャパンラグビー!特集号で似たようなことを提案しています。

秋から冬まで『国内プロリーグ』を実施しても、春から夏まで実施される『スーパーラグビー』との共存が可能で、選手がふたつのチームに所属することもできる。清宮氏に言わせれば、「試合出場数を調整する必要があるかもしれないが、代表チームを含めれば、二毛作、三毛作ができる」
(『国内プロリーグ』となっていますが、現在言われている新リーグのことです)

尚清宮氏は、釜石のポテンシャルにも注目していますが、実際釜石は新リーグに加入するのではないかと言われてもいます。

以上、『Number Web』の藤井氏のインタビュー、ジョセフHCの再契約関連とサンウルブズ関連とで5回に渡って投稿して来ました。新リーグの問題も含め、最初からすべてが変わるとは行かないにせよ、3シーズンほどかけて徐々に変えて行くことは可能でしょう。何と言ってもその旗振り役は、協会理事一人一人であるわけです。ここはやはり、理事の自覚と覚悟が求められてしかるべきと思われます。
(この項終わり)

飲み物-バーのビール
スポンサーサイト



[ 2020/03/25 00:00 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud