fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  麒麟がくる >  『敦盛』について

『敦盛』について

先日の視聴率関連の投稿に関して。『麒麟がくる』のタイムシフト及び総合視聴率で、この時点で明らかになっているのは第5回までの物なので、他作品の数字も、それぞれ第5回時点での物に改めています。

それと第6回で上演されていた能ですが、『敦盛』ですね。世阿弥による演目で、一の谷の戦いで熊谷次郎直実が、平敦盛の首を取った故事がもとになっています。これに出て来る蓮生とは直実の出家後の名で、敦盛の霊が、出家したあなたは最早敵ではないことに気づき、極楽浄土で同じ蓮の上に生まれようと言って姿を消します。このことから足利義輝は、もう細川晴元を敵とは思っていないという意味にも取れます。ところがどっこい、その晴元は三好長慶暗殺を企てていたわけなのですが…。

ところで『敦盛』といえば、織田信長の「人間五十年」を思い出す人もいるでしょう。しかしあれは幸若舞の方であり、能ではありません。一の谷の合戦を題材にしている点では同じですが、こちらは作者は不明とされています。

飲み物-ショートカクテル
スポンサーサイト



[ 2020/03/01 00:45 ] 大河ドラマ 麒麟がくる | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud