fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ドラマ  >  JIN ー仁ー >  『JIN -仁-』完結編 第7話

『JIN -仁-』完結編 第7話

仁は江戸へ戻ったが、今や坂本龍馬の監視役となった恭太郎から、龍馬とは交流を断つようにいわれる。その一方で仁は、龍馬の暗殺日を思い出そうとしていたが、そうすると必ずあの頭痛に見舞われるのだった。タイムスリップの前、未来が口にしていたような記憶があるのだが、肝心なところがこの頭痛のせいで思い出せずにいた。

慶応3年の年が明け、勝海舟の元を訪れた仁は、四候会議について聞かされる。その時仁は勝に、西暦で何年かを尋ね、勝は1867年だと教えた。そんな折、仁は2通の手紙を受け取った。1通は正に龍馬からの物で、2人で撮った写真が同封されており、その裏にこうあった。

「長いもの中より出でたる虫たちの江戸の芋にもすくいたるかな」

仁はこの意味を図りかねるが、咲は、芋は薩摩の名物であり、長芋とは長州と薩摩のことではないかという。長州と薩摩が、江戸に巣食うという意味なのだろうか。

もう1通は野風からの物だった。ルロンと正式に結婚することになり、仁と咲を招待したのである。横浜に着いた2人は、同室でいいかと野風に聞かれるが、それぞれ別室でと仁は頼んだ。野風は、2人がまだ結婚していないことに気付いて驚く。

ルロンと野風の前で、出されたコーヒーやワインをおいしそうに賞味する仁に、ルロンは、以前どこかでそういうものを飲んだことがあるのか、不思議そうに尋ねるのだった。一方咲も負けじとワインを注がれるままに飲み、泥酔して、翌日に寝坊をしてしまうことになる。

野風は仁に診てほしい患者がいるという。そしてある部屋に案内されるが、自分と野風以外には誰もいない。野風は、患者は自分だといい、着物を脱いだ。明らかに癌が再発しており、しかもリンパ液によって、10か所程度に転移していると思われた。野風は、自分は妊娠しているが、子供に影響はないかという。影響はないと答える仁。そして、生存率は2年で5割程度であることを告げる。それならば、子供を抱くことができるという野風。

翌日、結婚式が終わり、バージンロードを歩くルロンとウエディングドレス姿の野風。野風はブーケを咲の方に投げる。咲は怪訝な表情をするが、西洋の習慣で、投げられたブーケを受け取った女性は、次に花嫁になると聞かされる。その後咲は野風の妊娠と出産について、仁友堂でどうにかならないのかと尋ねる。仁は自分には産科の経験がないこと、この時代の麻酔では、帝王切開をするのは非常に厳しいことなどを伝え、いい産婆さんが必要だと口にする。

やがて江戸に戻った仁は、龍馬からの手紙を受け取るものの、以前龍馬から受け取った手紙が、そっくり無くなっていることに気付く。福田玄孝が、誰かが忍び込んだような形跡はあったが、それ以外の品や金銭には異常がなかったとも話す。もちろん、それを盗んだのは恭太郎だった。

その後、仁友堂が幕府から目を付けられていると、仁は勝に話す。龍馬は何をしたいのだろうかと不審に思う仁。勝は仁にいう、龍馬は大政奉還をしようとしているのではないかと。

画像


スポンサーサイト



[ 2015/07/12 00:16 ] ドラマ JIN ー仁ー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud