fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河ドラマとそのタイトル

大河ドラマとそのタイトル

ここのところ『麒麟がくる』と他の戦国大河の、特に『真田丸』との比較について書いています。またタイトルに関していえば、『真田丸』の脚本担当である三谷幸喜氏の、次の大河である『鎌倉殿の13人』についても触れています。

大河ドラマのタイトルも実に様々です。昔は原作付きの作品が多かったので、その原作のタイトルをそのまま取った物もありますし、『風と雲と虹と』のように、原作とは違ったタイトルをつけた物もあります。それ以外に主人公となる人物の名前を持って来た物も多く、タイトルを見ただけで誰を描いているのかがわかるので、かなりわかりやすいといえます。あと『太閤記』のように、このタイトルならこの人物というケースもあります。

大河60|NHKアーカイブス

一方で、主人公の人物像や行動に関連してはいるものの、そのものずばりではないタイトル、さらに今年のように、それ自体が主人公の願望を現しているようなタイトルもあります。その中には、原作のタイトルをそのまま持って来た物(『樅ノ木は残った』、『春の坂道』、『峠の群像』など)も多く見られます。元々これは前述のように、80年代頃までは原作付きが当たり前だったせいもあります。特にこの『春の坂道』ですが、戦国から泰平の世までの道のりを意味しており、主人公の理想を表現しているという意味で、『麒麟がくる』に近い物があります。ただこの場合、主人公自身が坂道を歩いて行くという点が、『麒麟がくる』とはやや異なっています。

あと『春の波涛』という大河もあります。これも原作がありますが、タイトル自体は大河のオリジナルです。これが何を意味するのか、実はあまりきちんと観ていないので、残念ながら現時点ではよくわかりません。

来年の『青天を衝け』は、渋沢栄一自身の漢詩がもとになっています。これもちょっと珍しいです。『風林火山』に近いですが、もちろん「風林火山」そのものは孫子の言葉が元になっており、山本勘助が作ったわけではありません。

ところでその『青天を衝け』、今のところNHK ONLINEにアップされている記事は2つのみ(1つは会見動画)です。実はこれは、再来年の『鎌倉殿の13人』と全く同じです。このせいで、来年の大河が一瞬どちらだがわからなくなることがあります。それとやはり来年のは多少弱いというか、地味に感じられます。無論これは、三谷幸喜氏がかなりアピールしているせいでもあるのですが…。制作側は考えておかないと、その次の作品に話題を持って行かれそうです。

しかし三谷さん、動画の最後でああ言うところが如何にもこの人らしくはあります。詳しくはまた。

飲み物-バーのビール
スポンサーサイト



[ 2020/02/23 01:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud