fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  男性誌の表紙を飾るラガーマン

男性誌の表紙を飾るラガーマン

かつて故・平尾誠二氏が雑誌でモデルにされ、そのため日本ラグビーフットボール協会の怒りを買ったという話があります。その当時はアマチュアリズム厳守で、雑誌のモデルになるなどとんでもないことでした。寧ろこのアマチュアリズムが、ラグビーの周知や普及を妨げて来た部分もあるかと思います。

その後ワールドカップが開かれるようになり、選手の専従化が進むと共にプロ解禁となり、アマチュアリズムを盾にした商業活動禁止は意味をなさなくなります。しかしその当時、日本のラグビーはJリーグやサッカー代表の人気もあり、あまりぱっとしないものでした。そのためラグビー選手のメディア露出はまだ先のことになります。恐らく大々的に解禁されたのは、2015年のワールドカップ後でしょう。この時は五郎丸歩選手が一世を風靡し、様々なCMやイベントに登場しました。

そして今年のワールドカップ。先日も書いていますが、この時に人々の注目を集めた日本代表のうち、田村優選手が『MEN'S CLUB』の、そして松島幸太朗選手が『GOETHE』の表紙をそれぞれ飾っています。

田村選手のこの表紙は特別バージョンで、普通のメンズクラブの表紙とはいくらか異なっています。こちらはシックな色調で、田村選手の写真や、インタビューが10ページにわたって紹介されています。

メンズクラブ田村優

それから『GOETHE』、こちらは打って変わって鮮やかなオレンジで攻めて来ています。こちらも松島選手のワールドカップ関連インタビューが掲載されています。

ゲーテ松島幸太朗
(画像はamazonより)

スポンサーサイト



[ 2019/11/27 01:00 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud