fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  2019ラグビーワールドカップ準々決勝-3日本VS南アフリカ

2019ラグビーワールドカップ準々決勝-3日本VS南アフリカ

では、先日の日本と南アフリカの試合です。既にTVまたは録画を観た、あるいはメディアの記事を読んだという方も多いでしょう。初めてのベスト8の洗礼はかなり厳しいものでしたが、さらなる高みを目指すうえでは不可欠なものでもありました。

日本-南アフリカ(東京スタジアム、3ー26)
当初思い切った仕掛けをした日本ですが、如何せん相手は本気の南アフリカ(スプリングボクス)です。そう簡単にゴールを割らせてくれるはずもありません。一方で南アも、そう易々と崩れる相手ではないことはわかっていたようです。互いの我慢比べともいうべき時間帯が続きます。トライを奪われた日本ですが、テンダイ・ムリワイナのイエローカードでシンビン、そして田村優のペナルティゴールで3点を返します。展開はなかなか思うにまかせないものの、後半の途中まではそれでも善戦といっていい試合運びでした。

後半25分までは8点差、何とか食い下がれるスコアでした。しかしその後の南アのペナルティゴール、さらにトライで点差が広がります。相手のイエローカードを得点に結びつけることも難しい状態です。日本も1トライでも取っていれば、その後の流れが変わった可能性はあるし、相手によってはトライを取れていたでしょう。しかしそうはさせてくれないのがこの南アです。それでも最後まで体を張り、トライを重ねようとした相手を封じ込めたのは、やはり予選リーグを突破したチームならではといえるでしょう。

試合後は涙を流す選手たちでしたが、一方でスタジアムに駆け付けた家族と触れ合ったり、ファン同士のジャージー交換もあったりと、如何にもこれはラグビー的な眺めではありました。尚、NHKの砂村光信氏が、走りながらパスをするとスローフォワードに見えると指摘していましたが、これに関しては以前も指摘されており、特にビデオジャッジでスロー再生すると、そう見えるといわれてもいます。

試合前は「ブライトンの奇跡」の再現かなどと書いたメディアもありました。しかし南アが、あの敗北から学ばないはずはありません。むしろあの敗北を分析したからこそ、今度のこのゲームプランとなったわけでしょう。今後に日本はは南アへの反撃を考えると同時に、スコットランドやアイルランドから反撃された時の策も練っておくことになります、ワールドカップで勝つということは、そういうことをも内包しているわけです。

さて、これでスーパーラグビーへの参入復活か、あるいはザ・ラグビーチャンピオンシップ参入かといった噂もあるようです。もちろん確定的ではありませんが、スーパーラグビーは本当言って継続して参加してほしいです。大久保直弥コーチが率先して盛り上げて行けば、あるいはとなるかもしれません。ただその前に、資金面をどうにかする必要もありそうです。チャンピオンシップは強豪ぞろいであるため、参加方法を工夫すればいいかと思います。それについてはまた。

これで準決勝は
イングランド-ニュージーランド
南アフリカ-ウェールズ
の顔合わせとなりました。
イングランドとニュージーランドは土曜日、南アフリカとウェールズは日曜日にいずれも横浜で試合が行われます。それぞれNHKBSと日テレでも放送されます。

スポンサーサイト



[ 2019/10/22 00:15 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud